QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
プロフィール
メイソン/天ぷら/ざかえふ
メイソン/天ぷら/ざかえふ
メイソン、またはふたりはプリケツ
これから始める陸軍特殊

サバゲ歴も浅いのに装備に恋をしてしまった…
知識も技術もないですが、どうぞよろしくお願いいたします。
@sivispecem
フォローしてくださるととっても嬉しいです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2018年05月21日

JKの理想への夢想を捏ねて固めたら渋谷凛が完成するという話

もはや隠さない。どうも天ぷらです。

渋谷凛というキャラクターをご存じでしょうか?
知らない方の為にご説明しますと、渋谷凛というキャラクターはアイドルマスターシンデレラガールズに登場するキャラクターで、いかにもイマドキの女子高生然とした容姿をしています。自分で描いたもので申し訳ないのですが、こんな感じの容姿です。



性格としては以下抜粋

初対面の言葉遣いやポーズなどからはちょっと小生意気な印象を受けるが、愛想の無さには自覚があり、プロデューサーに気を遣って声をかけるなど、心を開くといい子である。プロデューサーには時々お茶を入れてくれる。また、プロデューサー以外の歳の離れた人物には敬語を使う。

と言ったような性格をしており、クールな中にも心根の優しさを感じる点を、魅力として挙げる方が多いようです。

さて、この渋谷凛なのですが、キャラクターとしての魅力はさる事ながら、天下のバンダイナムコがアイドルマスターという名を冠して世に送り出した。しかもゲームの顔として、という点よりそのキャラクターとしてのアイコンぶりは、最早一ゲームに留まらない物となっていると思います。

二次元におけるアイドルの必須条件として、現実世界以上のキャラ立ちが求められる事は言うまでも無い事実です。現実世界では口に出来ないような事を口癖にし、特殊な背景を持ち、異常とも言える行動規範で行動をする。その様なアイドル達が一人の太客を掴まんが為に日々乱立している訳ですから、AKBなどは目では無いくらいの特殊で、個性的なキャラクターのるつぼとなっているのが二次元アイドル業界の現在であります。

しかし、そんな中に有って渋谷凛は非常に異質です。目立った特徴がある訳では無く、寧ろ無い。勿論ビジュアルが非常に優れているという点は有るのですが、それは他のアイドルキャラクターにも言える事です。
口癖も特に無く、特殊な背景も無く、異質な行動規範も無い。言ってしまえば本当に普通の女子高生なのですが、しかしながらそんな普通の女子高生が今も天下のアイドルマスターシリーズの中でトップランナーたり続けているのです。

この点におけるからくりは、この「普通の女子高生」という点にあると考えられます。

そも、普通の女子高生とはなんぞやと考えた際に、どの様な事が思い浮かぶでしょうか。天ぷらは男であり、また男子校出身で有る為多分に空想が差し挟まってしまうのですが、

制服、オシャレ、甘いもの、携帯電話、独自の会話、流行り物、セ○クス

この辺りの物を適切に配分して完成しうる存在が女子高生という存在なのでは無いかと考えられます。
そうして作られた女子高生という偶像は、勿論想像者の数だけの形がある事は間違いがありません。一人として同じ女子高生像を想像しうる人間は居ないでしょう。

しかしながら、想像した後に渋谷凛を知る、もしくは既に知っていた場合はどうでしょう?
多くの人があぁ、そうそう女子高生ってこういう感じだよね。という印象を抱くでしょう。知っていた場合は尚更顕著で、想像を巡らせる際に渋谷凛を通過せずに女子高生を想像する事は、恐らく少し困難な事となっている筈です。

バンダイナムコがアイドルマスターシンデレラガールズを作る際に、ペルソナとして設定されたのは20〜30代の男性をターゲットとして制作されたそうです。その際にランドマークとなるべきキャラクターとして、渋谷凛は産まれました。
先程アイドルキャラクターにはキャラ立ちが必須という点について述べましたが、実は例外的に、ランドマークとなるべきキャラクターについては異質な個性は必要とされない現実が存在します。
初代アイドルマスターでは天海春香、ラブライブでは高坂穂乃果、アイカツでは星宮いちごといった様な、個性という面から見た際には他のキャラクターより一歩劣るキャラクターがランドマークとして設定される事が多いのです(あくまで二次元アイドル内の話ですが)。

これは二次元アイドルをコンテンツとして売り出す際に、彼女達は幅広い層への集客を見込む為、所謂万人ウケするキャラクターを当初ランドマークとして設定し、コンテンツを認知してもらってから個々の好みにより分派してもらうという、ろうとの口の様な部分も受け持つべきキャラクターであるという使命を負っているために起きる現象です。
その為存在として、設定されたペルソナに概ね好意的に受け取られ、なおかつ気に留まる存在である必要がある為、彼女達はアイコンとしての側面が非常に強くなります。

ここで渋谷凛のペルソナとして設定された20〜30代の男性という点へ考えを巡らせると、

・大学生以上である
・ある程度の収入を持つ
・婚姻関係を結ぶタイミングとして適切
・性欲が旺盛である

といった様な面が挙げられます。
こういった特性を持つ男性に好意的に受け取られ、そして気に留まる存在として女子高生が製作においてやはり多くの支持を集めたのでは無いでしょうか。

自分達が通り過ぎた青春の日々の一ページを彩った存在であり、現在は手を出せば違法、しかしながら日々の中で彼女達を目にしない事は無く、若さにおいて女性として一生で最も輝いている一瞬の内の一つであります。
言ってしまえば女子高生とは、男性にとって絶対的に魅力を感じる女性の時期、期間の一部な訳です。しかしながら法的、モラル的に手を出す事は不可能である高みの存在でも有るのです。
そんな面を、ゲームならばという理由づけのみでクリア出来るというならば選択肢に挙がらない理由は寧ろありません。

こうして設定されたであろう女子高生としてのランドマークですが、実は渋谷凛は他のランドマークとなったキャラクターと比しても特徴が有りません。
覚えやすい外見的特徴のリボンや髪型等は無く、ただそこにストレートの黒髪の美人の女子高生がいるだけなのです。
本質を率直に述べてしまえば、女子高生という存在を、極限まで研ぎ澄ませた存在こそが渋谷凛という事になるのでしょう。

渋谷凛は、普通では無く、最高の女子高生なのです。
正に女子高生界のレベル99たまねぎ剣士。全てのパラメーターを振り切っているが故に、その汎用性、客ウケは抜群で有り、ランドマークとして最適である。そう考えた方がバンダイナムコにいらっしゃったのでは無いかと思います。
個性を削る事で女子高生としての在り方をより強く際立たせる。これは今まで有った様で無かった切り口かと思います。
言ってしまえば渋谷凛は、女子高生という在り方その物を己の最大限の個性として発揮している存在なのです。

キャラクターを扱わせたら天下一のバンダイナムコが、最高の女子高生を作らんとして形作られた渋谷凛ですから、その女子高生ぶりたるや他者を寄せ付けよう筈も有りません。それが故に今も渋谷凛がランドマークとしての立ち位置のみならず、大人気キャラクターの一人として存在出来ている理由なのかと思います。

昨今、様々なキャラクターが現れては消え、現れては消えていっています。しかしながら、渋谷凛が我々の記憶から存在しなくなるのはしばらく先の話でしょう。
女子高生という男性における絶対的な価値を、その身をもって体現し続ける渋谷凛に魅力を感じなくなる瞬間は、今の所自分は想像をする事が出来ません。





しぶりんはふと気付いた時に欲望のはけ口となってもらう事が多く、なぜ自分はこれ程にしぶりんをはけ口にしてしまうのか疑問になったので、適当に理由づけをしてみました。
深夜テンションで適当に書いたのでグダグダでスミマセン……(いつもか)。



今回のBGMは、美少女ゲームCARNIVALよりOPのCARNIVALです。
瀬戸口廉也シナリオの、知る人ぞ知るゲームです。昔から高額美少女ゲームの代名詞みたいな存在でした。
OP曲が好きかって言われるとそこまででも無いんですが、アニメーションが相当美しいので度々見てしまいます。

風俗トークが途中で終わってたの忘れてました……間空くとすぐこうなりますね……スミマセン。
先日終わらせたランスXの感想も書きたいので、これから何度か思いついたら筆を取ろうかと思います。

よろしければお付き合い下さいー。  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 11:00Comments(0)チラ裏

2018年03月07日

【最重要】Mason_rock.V2 info6




お疲れ様です。
最重要記事になります。

参加される方は必ず内容をご確認くださいませ。

【持ち物】

・包帯

・水2リットルが入ったペットボトル

・特小無線(持っているだけ持ってきてください。各分隊長はデュアル運用となりますのでお借りできますとありがたいです。
     必ず返却できるようにシールで番号管理いたします。)

・携行食(昼食の時間を設けません。こぼしにくいものを必ず準備してください)

・参加料5000円(おつりなしでお願いします。)



【想定】
国境沿いにA国攻撃機が墜落。
B国はA国のパイロットを拘束するため増強一個小隊を現地に展開。
A国はパイロット救出のためB国国境内に侵入。

【目的】
A国・・・パイロットの救出。

B国・・・パイロット拘束と奪還に向かうA国特殊部隊の殲滅。




ルール概要

【レギュレーション】

5.56mm小銃/・・・0.2g または0.25gBB弾 マガジン7本推奨。難しい場合は210発になるように
7.62mm小銃・・・0.25gまたは0.28g BB弾 携行弾薬数 100発
狙撃銃(ボルトアクション)・・・0.28g BB弾使用可。弾数制限なし。
ガナー・・・0.25g 800発

手榴弾・・・発火式キャップ火薬のものに限る【リンク参照)
上投げ可能です。


※閉所の戦闘において相手の銃口を掴む行為や射撃を阻む行為は禁止いたしませんが、当該行為に於ける破損、怪我については自己責任となります。また、意図的に相手を殴る、蹴る、投げるなどの暴力行為は禁止です。不慮の事故に見せかけた物理攻撃も禁止といたします。
怪我なく終われるようにご協力ください。

※想定中、爆竹、花火など火器を使用いたします。通常のサバイバルゲームより危険が伴うことをご理解の上、ご参加ください。


【各部隊の兵力】

・制空権はA国優勢。

A国・・・
①海軍特殊部隊、空軍CCT、FBI HRTを主体とした1小隊
②陸軍レンジャー、空軍PJを主体とした2小隊
③陸軍一般を主体としたモーター(迫撃砲)運用部隊
④F-16CM/AC-130

③は①または②にアタッチ。

B国・・・
①陸軍特殊部隊/陸上自衛隊特殊作戦郡/デルタを主体とした1小隊(迫撃砲運用を兼任)
②英豪露、米MSOTを主体とした2小隊
③陸特の一部を潜伏斥候班とする(斥候2名x2)
④122mm榴弾砲が後方に展開

【ドレスコード】

攻撃側(A国)はマルチカム/AOR1を基調としたもの、防御側はウッドランドないしトロピック着用。上のみ下のみでも可能です。
特戦は3Cです。

【交戦について】

専用ルールとなります。ご注意ください。
VTACのような人体ターゲットを当日張りだします。当たった部位で負傷レベルが決まります。
即死はその場で倒れてください。
それ以外の場合は、負傷部位に包帯をメディックに巻いてもらってください。
遅いと死亡判定が出ます。
腕を撃たれたら撃たれたほうの腕が、足を撃たれたら足が使えなくなります。
包帯を巻いてもらえば戦線復帰は出来ますが、撃たれた部位が使えないままです。




負傷したら統載官判断になります。
統載官がその場にいない場合は、当たった部位でお考えください。

負傷部位の点数は、足し算式で分隊内で15点に達したら分隊全滅と判断します。
分隊が全滅したら、復活の儀式(次項目参照)で全員が五体満足に生き返ることができます。

【戦線復帰の方法】

分隊が致命的な損害(上記15点に到達)した場合、分隊長は隊全滅を宣言します。
その場合、全員が包帯を身体に巻き、フィールド外周を巡回。一周回って全滅を宣言した場所に戻ったら復活。復活時に小隊長に復活した旨を連絡。
行軍中の分隊は死んでいるので、射撃不可です。

【運用火器について】




迫撃砲・・・60mm迫。フィールドマップ(参加者に配布)のグリッド1コマ(約10m四方)に射撃可能。
各分隊で迫撃砲の支援要請を小隊長に連絡→小隊長、モーターに射撃支持→分隊、小隊長に座標通達→小隊長、モーターに座標通達。射撃命令→モーター射撃



☆迫撃砲の撃ち方☆




統載官にモーター(迫撃砲射手)は座標と発射する旨を宣言。持ち込んでいる水2リットルを廃棄して1発発射します。
5発撃って面制圧をしかけたい場合、10リットルを廃棄することになります。
水を捨てている間は身動きが取れません。撃ったら場所が割れて反撃されます。
陣地転換が必要となります。
撃つ弾数とかかる時間を考慮して運用してください。







CAS(航空支援)・・・攻撃部隊のみ使用可能です。近隣を周回しておりますが、状況によって使用できない(敵味方を識別できない。別の任務に出ているなど)場合がございます。CASの手順は飛総長さんからCCTに伝達済みですので、省略いたします。





122mm榴弾砲・・・防御が使用可能です。各分隊長が小隊長(メイソン)に要請。小隊長から統載官に発射を宣言。
        座標指定は迫撃砲と同じ流れです。


【当日のタイムスケジュール】

受付8:00(遅刻厳禁)
8:30 受付・開会式
9:00 作戦会議
9:45 移動開始
10:00 状況開始
15:45 状況終了



以上となります!
よろしくお願いいたします。  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 21:53Comments(0)

2018年02月28日

Mason_rock.V2 info5




Mason Rock info 5 は参加状況の確認です。


【攻撃側】

【CCT】3名
飛曹長
ちょっぱー
デカ=やま

【SEALs】4名
シュガートゥ㌠x3名
T中


【75th Ranger】3名
@masa1340
@hayama11102
@ziguzagu75


PJ】3名
E&E moti
MAEPAPA
MUNAGE


【陸軍一般】5名

BARちゃん工房
Mafti@boy
オスマン
Na.kamura
IN10キムコウ


【防御側】

【デルタ】2名
Linda
ニベア

【US army SFG】13名
メイソン
文豪
アヒージョ
ささきち
keestac
つぐみ
Sierra
山奇
Cake
さそりん
Realment
Nao
kaneko

【英特/豪特/独】5名
コーデュラックス
キルロイ
山田
南斗
アドラー

【Marsoc】1名
竿ガンダム

【ロシア】3名
Satius
ルーブル
ハラショー

【統裁官/運営】
さかなくん
Tomy
天ぷら


自分の名前がなかった方!
もしくは、知り合いの参加が未定の方!
または、これから参加希望の方は、
引き続きツイプラで

http://twipla.jp/events/286469

募集しております!!


LE系は参加できないの?というお声がありましたので、
参加枠を増設いたします!!
メイソンロックは18年度内にもう1回やる予定ですが、
審判員がオフィシャルな統裁官という内容は、これが最初で最後かもしれません。
なるべくー多くの方に参加いただけるように、




新規募集枠!!

FBI
陸上自衛隊特殊作戦群


を募集いたします!!!!!!



枠も増えましたので、

締め切りは11日までといたします。




コールサインを割り振る予定です。

それでは、引き続きよろしくお願いいたします!


  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 23:32Comments(0)

2018年02月19日

Mason_rock.V2 info4

メイソンロックの案内も4回目になりました。

参加はこちらから受け付けております!
http://twipla.jp/events/286469



そもそもメイソンロックってなんだよって聞かれることが多いので、ざっくりと
概要をご説明します。



過去記事をご参照ください。
メイソンロックは現用装備貸切イベントで、今回で2回目の開催となります。






大枠の流れは前回と変わらず、想定している状況は、
東西諸国の合同軍事演習です。



動画は米英の訓練ですが、本イベントでも、東西諸国が二部隊に分かれまして、
戦闘訓練を行う形式となります。

第一回は落下したUAVの回収を目的に越境作戦を遂行するシナリオで、防御チーム(海軍.空軍)が事前に展開し、フィールドの崖下から侵入した陸特、レンジャーの二分隊交戦する流れでした。

第2回は、よりMILSIM 要素を強めて、実際の演習に近い内容を追加しております。

■航空支援、迫撃砲の射撃、その他火砲の使用の追加


今回より初導入となります、小銃より大きな火器の運用です。これは事前にグリッドマップを公開、配布しまして、目標座標を無線でモーター(迫撃砲)に伝え射撃する一連の流れを踏むことで、一定範囲に榴弾砲やJDAMを落とせるシステムになります。
(演出に関しては準備中です!)

ですので、BB弾の撃ち合いだけでは決着しないのが、このイベントの醍醐味となります。
サバゲーでは必中距離まで間合いを詰めて撃つことが敵を排除する唯一の手段ですが、
偵察を送り、敵座標を抑えさえすれば支援射撃で一気に敵小隊を潰すことも可能です。
連携と戦略がいつものサバゲー以上に必要となります。

と言っても
実際の演習とは地理的な規模感、使用できる道具など限度があり、本物と同じ工程を踏むと
迫撃砲迫撃砲1発撃つだけでも大変な知識と、それを参加者全員が認識してもらうこと、無線交話法やらと
民間人ではやりきれない内容となりますので、あくまで咀嚼、簡素化したもので、初心者でも運用可能なレベル
となります。私も回せません

無線を使っていつもやりたいけど意外と定例会では出来ない分隊間で連携しながら攻めていくゲームに
いつもより効果範囲の大きい武器が加わったというのがニュアンスとして一番近いと思います。

航空支援の呼び方と、迫撃砲使用についてはまた別途記載いたします。

装備フリークの皆様、是非お待ちしております。



■Mason Rock V2 概要■
【日程】2018年3月17日
【場所】Airsoft Park GARDEN
【内容】MILSIM
【費用】5000円


【大募集】

陸軍海兵隊の一般部隊の方

メイソンロックv2では陸軍、海兵隊の一般部隊を絶賛募集中です。
1名からでも団体様でも大歓迎です。
よろしくお願いいたします!!!!!





Dazbee激推しです。

今期はみなさんヴァイオレットエヴァーガーデン、ゆるきゃん、ダリフラあたりでしょうか。
ダリフラが毎回毎回本当に面白くてあれですね。。。
ヴァイオレットエヴァーガーデンは5話で泣きました。
恋文って、いいですよね。
僕も手紙のやり取りがしたくて一日おきにLINEを返信したところ、
女性からラインが来なくなりました。
関係ないことを書いて参加者数が減ると痛いので自粛します。
ありがとうございました。  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 20:20Comments(0)

2018年02月10日

Mason_rock.V2 info3




お疲れ様です!

本日は募集枠について更新いたします!



◎攻撃側◎

TACPと小隊長兼ALO

1分隊 MARSOC

2分隊 SEAL

3分隊 PJ/レンジャー

モーター(迫撃砲) 陸軍一般



海軍…Searh&Resqueミッションの主役。落ちたパイロットの捜索救出突入メイン!

空軍…JTAC。CASを呼べる唯一の存在にして今回の最大火力!JDAM落として対抗部隊を壊滅させましょう!

MARSOC...威力偵察です!FO(前進観測)、BDA(爆撃効果判定)も行います。

陸軍一般…やっぱり一般部隊が戦闘の基本です!迫を撃ちましょう

PJ…QRFユニットです!!

攻撃チーム盤石ですね!!

◎防御側◎


陸特/デルタ 潜伏斥候部隊、対戦車誘導弾の運用部隊に分かれます!


ロシア…対抗部隊になります。

欧州連合…参加人数で決定いたします!防御側は制空権を取られておりますので頑張りましょう!!



※チーム分けは参加人数によって変動いたします。ご容赦ください。

【よくある質問】

Q.装備が足りません。参加自由って言っても皆さん装備すごいんでしょ?

A. 始まったら装備どころではないのでレプリカ諸々は全く気にする必要無いと思います。実物と大体同じ形なら大丈夫です。
主催は上下レプのパタゴニアL9予定です。
真面目な話をしますと、個人的には装備が足りなくて装備イベントに行かないのは勿体ないと思います。僕は装備が集まらずハートロックを行かなかったことを今も後悔しております。気張らず参加ボタン押しましょう。ぽちっ、あっ、あっ、あの、僕は陸軍特殊部隊をしてます、あの、あっ/// ちょっと出ちゃった…

Q.友達がいません。コミュ障です。

A.僕もいないのでこうして必死に参加者を募っております。基本的にルールとマナーをお守りいただければどなたでもご参加いただけます。
コミュ障の貴方と私でも大丈夫なようにミルシムの時間はなんと4時間!!
ずっとフィールド内にいるので雑談しなくて平気!やったね!!!



Q.知識がなくてブログに書いてあることがよく分かりません。

A.僕も民間人なのでイベントが破綻しないように準備してます。
正直米軍のナイロン以外興味がないので分かんないことだらけです、助けて。
可能な限りゲームが分かりやすくなるようにブログで説明して行くつもりです。グダらないためには事前の準備!島村卯月!頑張ります!!


Q.体力的にキツそう

A.信じる心があなたの魔法!!!

特殊なアイテム(重機関銃、迫撃砲、84mmなどなど)持ってる方、自作してる方も是非ご参加ください。ゲームのルールが特殊なだけに活躍できます。

お待ちしております!

ではまた!!!


  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 00:31Comments(0)

2018年02月08日

MasonRock V2 info2



大変長らくお待たせいたしました!!

パソコンがビオランテ並みに動きませんが、がんばります。

【開催日】2018年3月17日(土)

【場所】Airsoftpark GARDEN



今回は大勢の方にご参加いただきたいと思いまして、簡単にメイソンロックの紹介をしたいと思います!

メイソンロックとは・・・平たく言いますと、ミルシム(MILSIM)をやります。2軍に分かれて、作戦立案、
             斥候、直接戦闘から航空支援要請など駆使して作戦目標を達成するイベントになります。
             ですので、史実が存在し、それを再現していくリエナクトとは違います。
             状況が付与されている中で戦闘行動を行っていく形です。






■Mason Rock V2 概要■
【日程】2018年3月17日
【場所】Airsoft Park GARDEN
【内容】MILSIM
【費用】5000円

【MILSIM概要】

シナリオ⑴
パイロット救出(Search&Resque)
目的:パイロットの救出
A(救出部隊):米海軍、空軍
B(対抗部隊):陸特/ロシア/Other Countries

1.Aによるパイロット捜索(作戦立案からAにやって頂きます。)

2.パイロット発見⇒救出作戦
(海軍によるDA)

3.パイロット救出

シナリオ⑵
???(現地発表)

【兵装】

小銃(エアガン)…通常のサバイバルゲーム同様の使用が可能。フルオート可能だが
持ち込める弾薬に制限がある。

文体支援火器…フルオート射撃可。

迫撃砲… 統裁官に発射座標、発射の合図を伝え、2Lペッドボトルを廃棄することで
発射可能。発射から着弾までは20秒。弾着カウントは統裁官。
陣地転換までの間、攻撃を受けた部隊はすぐさま敵にカウンター攻撃を
      仕掛けることが可能。(着弾から1分以内)


CAS(航空支援要請)…Aの戦力がBより極めて不利であるときに使用可能。
9LINEを使用。JTAC→航空支援要請 →CAPしている航空機の座標確認。到着までの時間が伝えられる。
              →目標、座標、侵入路、使用兵装などの指定→攻撃開始。 A-10攻撃機が支援に向かう。

LAM…対戦車ミサイル



【役職】

JTAC…唯一航空支援を行える
MEDIC…負傷した隊員の応急処置可能。
統裁官…被弾判定や状況は全て統裁官の指示に従う。
統裁官が重傷と判断したら重傷。



詳細は続きのブログでご説明いたします!!!!

参加応募はこちらかもしくはTwitterのDM (@sivispecem)でお願いいたします!!!
http://twipla.jp/events/286469
Facebookでも募集をかけますのでこちらもご利用くださいませ!

【ドレスコード】

2000年以降の米軍、ロシア軍、ヨーロッパの軍。

リエナクトではないので、小物の新旧や実物・レプリカなどは
一切制限なしです。
参加者様の感覚に一任いたします。
ちなみに僕は上下レプゴニアだと思います。

特に、海軍、空軍の皆様、ロシア軍の皆様、欧州軍の皆様、ぜひご参加ください。。。


【参加〆切】 2月22日23時



【重要】統載官募集しております

MILSIMはその性質上、被弾判定や状況の付与など、統載官なしでは成り立ちません。
統載官の経験がある方、行える方、お力添え頂けますと幸いです。(謝礼・交通費はご準備いたします。)
何卒よろしくお願い申し上げます。


ご参加お待ちしております!!!サラダバー




https://youtu.be/WKo0M8lh7Xo  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 22:50Comments(0)メイソンロック

2017年12月20日

カモフラージュの為にnightforceの1-8×24モデルの話をする話

どうもこんにちは。天ぷらです。

先日のブログでは全くミリタリーの内容に関係の無い話をしてしまい、大変ご迷惑をお掛けしました。
そのお詫びという訳ではないですが、先日発表されましたnightforceの1-8×24モデルのショートスコープについて少しお話をさせて頂こうと思います。






タイトルの通り、nightforceよりようやくと言っていいのか、8倍比のショートスコープが発表されました。
しかもNXラインATACRライン双方の同時発表ということで、nightforceのこの商品への力の入れ具合が伺えます。

近年ではvortexやbushnellより低価格の8倍比ショートスコープも発売されており、8倍比が際立った特徴とも言えなくなってきています。
そんな中でnightforceはハッキリと申し上げて低倍率スコープの開発が進んでおらず、具体的な再現等以外では筒としての魅力が薄れていた様に思います。
これはbeast等の高倍率のミリタリーラインの開発に力を入れており、社の方向性として低倍率を切り捨てていた……とまでは言い過ぎですが、そんな事実も有りました。

とはいえやはり未だにショートスコープの先駆けとも言えるNXSの魅力、持つポテンシャルが我々に与えた衝撃は健在であり、それをnightforceに求めていた方は多いと思います。
その為今回の発表、展開は日本においても装備の再現に留まらず、光学機器単体として購入意欲を大きくそそるのではないでしょうか。

しかしここで問題となるのはやはり購入ルートの選定となってしまう様な気がします。
代理店を通すと値段が上がり、並行輸入は不安が大きく……となると、直接アメリカと連絡を取り、購入をするのも一つの手かと思います。



直接連絡を取るといえば、風俗においては女の子と直接連絡を取り、お店に予約を入れてもらう嬢予約というシステムを取っている場所もございます。
以下は先日実際に自分が嬢予約をした際のやり取りとなります。何かのご参考になれば幸いです。



天ぷら「初めまして。今度の日曜日にお店へ行ってみようと思っているのですが、ここでご予約させて頂くことは可能でしょうか?初めてお邪魔させて頂くお店なので、この様な形でのご連絡がご迷惑でしたら申し訳ありません。なにぶんシステムがよく分かっておらず……お手数でなければお返事を頂けますと幸いです」

嬢「はじめまして!ご連絡ありがとうございます♡
こちらのdmで私のご予約承れますよ♡
その日でしたら、現在10:00〜14:30の間・17:00~21:00の間の時間が空いています!
ご検討お願いいたします(♡ >ω< ♡)」

天ぷら「お返事ありがとうございます。それでは、10:00〜で110分のコースにてご予約をさせて頂けますでしょうか?」

嬢「ありがとうございます♡♡うれしいです(♡ >ω< ♡)
それでは、
ご予約のお名前:
お電話番号:
送迎の有無:
ご希望の送迎場所:
を教えてください♡」

天ぷら「名前:天ぷら
電話番号:XXX-XXXX
送迎:必要
送迎場所:吉原
以上でお願い致します。」

嬢「ご丁寧にありがとうございます(♡´▽`♡)
明日お店に伝えさせていただきます!またご連絡させていただきますね♡」



ほぼ原文のままでございます。
さて、そろそろお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、今回のブログテーマも、先日投稿させて頂いたお話の続きとなります。
騙す様な形になってしまって大変申し訳なく思っております。
お詫びと言っては何ですが、この連絡を取った際の心境など解説をさせて頂きます。

非常に丁寧な予約対応でございました。
風俗店は何しろ立場の強くない商売でございますから、女の子も含め店員の対応、接客のイロハに力を入れている店は少なくありません。
敵を作ればそれはそのままその店の存続に関わってきてしまう訳でございますから、おざなりな対応をしていては商売の継続すら危うくなってしまうのでありましょう。

基本的に電話にての予約しか経験をしてこなかった天ぷらでございますが、文面においての連絡においてもそう言ったプロ意識を感じる事となるとは思いもよりませんでした。
ブログの表現の都合上、絵文字の挿入が難しく、ハートマークを利用している部分にはその場その場に応じた絵文字が細やかに入っております。

微に入り細を穿つとはまさにこの事で有るかと天ぷらは鼻息を荒くしたのは言うまでも有りません。
そも、風俗を利用する際には、悲しいかな男は女性に対し女らしさを強く求める傾向に有るかと思われます。
それは例えば部屋に上がった際に丁寧に靴を揃えたり、脱がしてくれた靴下等を丁寧に畳みその上からタオルでくるんだりといったそんな様な所作から感じられる訳でございますが、まさか入店前より楽しませて貰えるとは僥倖でありました。

絵文字程度で何をと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、主に女性と連絡を取るといえばそれは母親の事を指す最底辺層の人間からすると、母親ではない異性よりの絵文字と言うものは正に甘露という他はないのでございます。
この時点で己の昂りを抑える理性はとうに何処かへと追いやられ、最短時間で予約をと考えていた自分は何処へやら、大衆ソープの初めての嬢に対して110分と言う中々の離れ業をやってのけてしまったという顛末でありました。



予約が済めば後はその日を楽しみ待つのみとなりますが、待てど暮らせど最後の文面にて記されておりました、

「またご連絡をさせていただきますね♡」

が実行されず、遂には予約の前日となってしまいました。
痺れを切らした天ぷらは、

「お早うございます。先日ご予約をお願いさせて頂いた天ぷらと申します。明日の件につきましてですが、お店にご連絡をし、待ち合わせの時刻位に場所に居る形で大丈夫でしょうか?」

この様にあくまで確認という体を崩さないように、連絡を寄越しなさいという圧力をかけた訳でございます。
ところがこちらの嬢も中々の肝の座り様でありまして、文面から分かる通りこちらが連絡をしたのは朝方なのですが、返事が返ってきたのは夜も更け22時を回る頃といった時間でございました。

「天ぷら様
本当に申し訳ございません。
本日ずっと体調が悪かったので夜間外来を受信したところインフルエンザB型の陽性反応が出てしまい、明日どうしても出勤できなくなってしまいました。
わざわざお時間あけてくださっていたのに本当にごめんなさい。」





画像で茶化してはみましたが、この時天ぷらが受けた衝撃は正に言葉にならない程のものでありました。
なぜもっと早くに連絡を寄越さなかったのか、なぜ店舗の閉店時間間際なのか、なぜ店はその事実を掌握していないのか、なぜインフルエンザ、しかもこのタイミングなのかと、大量のなぜが押し寄せ、二週間の射精の制限の堰を切ろうかとすら考えた始末でございます。

しかしここをなんとか堪え、嬢の体を気遣う連絡を入れた後に店舗に直接電話をする事となりました。
するとやはり嬢の体調不良の情報を店は掴んでいなかった様子、しかし悪びれる様子もなく嬢の振り替えの提案もせずに無邪気にどうされます?と聞いてくるその態度には、はらわたが煮えくりかえる様な思いでございました。

先程風俗は店員対応が良いと述べましたが、撤回をさせて頂きます。
結局サービスはお金で買うものでございまして、それなりのお金ではそれなりのサービスしか提供がされないということでございます。

しかしここまで我慢して適当に発射は出来ないと己に暗示をかけて落ち着きを取り戻し、冷静にNSが可能な嬢をピックアップして頂きました。
案の定と申し上げましょうか、人気嬢は既に予約完売状態。
ネットで情報を収集した嬢はその中には一人もおらず、期せずして地雷原を裸足で歩かされる次第となってしまった訳でございます。



何とか集めた情報の断片より、恐らくマシであろう女の子を選択し、再予約を完了した際には体には妙な疲労感がまとわりついておりました。
抱く必要のない疲労を抱き、微かな望みを明日に託し泥の様な眠りに落ちた天ぷらでありました。



そんな酷い状態での睡眠の割には、朝の目覚めは爽快そのものでございました。
手早く身支度を整えた天ぷらは、颯爽と待ち合わせ場所へと歩を進めたのですが、前日に抱かされた店への不信感は拭えず、少し早めに店へと連絡を入れたのであります。



果たしてその不信感はまたも現実のものとなり、天ぷらを襲ったのでございます。

「ごめんなさいね。その子もダメになっちゃったんですわ」

ダメになっちゃったんですわときましたか。
お嬢様部の様な言葉遣いの店員は、またも悪びれる様子もなく淡々と天ぷらの射精が遠のいた事実のみを伝えてまいりました。
既に店に不信感を抱いていた天ぷらにとり衝撃はさほどなく、やはりかという思いすら湧いてきたのでございます。

またも振り替えの提案等は無く、こちらから他の子はどうなのかと打診をせざるを得なかった訳でありますが、こちらの店員も中々さるものでございました。

「今から?今からはあんまり女の子いないのよね〜。アレでしょ?お客さんも生が良いみたいなの有るんでしょ?そうなると今からは厳しいよね〜」

あれ?これもしかして自分が悪いみたいな流れになってます?ドタキャンされたのこっちなのに?しかも二回なのに?
先程サービスはお金で買うものと申し上げましたが、撤回させて頂きます。
結局この世の全ては運でございます。
タイミングが悪かった。
そう思わなければやっていられないほどの対応に流石の天ぷらも気持ちが折れ、この度はご縁がなかった旨を伝えてその店を切り捨てる決意をしたのでありました。



今回はこの辺りで締めさせて頂きたいと思います。





試しにED動画などを挟んでみまして、PCゲームH2OよりOPのH2Oでございます。
エロゲーとしての切り口の新しさが目につきましたが、PCゲームのOPとしても映像も含めて五本の指に入るほど好きな作品です。
未だに夏になるとこのOPを思い出し、出だしのギターで昔を懐かしんだりしてます。

爽やかな曲であってそれを良いと感じても、結局はエロゲーなので本質全然変わってませんね自分。
うんちうんち。  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 00:56Comments(2)

2017年12月14日

カモフラージュの為にCOMP M5を使う話

どうも皆さん、本当にお久しぶりのブログとなります天ぷらです。

最近aimpointよりCOMP M5が発売されたと聞き、ちょっとどんなもんだろうと見てみました。



なるほど電池が単四に変更されたとういう事で、確かにT2と比べても相当にコンパクトな事が分かります。
ここまでコンパクトにすると実物を見ていないのでなんとも言えないですが、Tラインと需要が被り始める印象が……Mシリーズの強靭なハウジングのイメージは画像よりはあまり見受けられません。

このM5も中々のお値段がするようですが、近年aimpointの他機種も日本では相当に値上がりをしている印象。もはや実光学の入門機としてのオススメはし辛くなってきましたね。
40000でM4を買えた時代が懐かしく……7〜80000とかもう吉原の高級ソープ一回分のお値段ですよ。どっちが適正値段なのか分からなくなりますね。



ところでソープには入浴料というものがあります。こちらは要はソープという場所は特殊浴場、いわゆるサウナという前提ですので、そこへとりあえず入れますよというお値段としての入浴料という言い回しを使う様です。
あくまで特殊浴場へいらっしゃったお客様とそこに居合わせた女の子の自由恋愛、からの個室(サウナ等。という名目。その為ソープランドはサウナを常に稼動状態にしておかないと摘発対象になるそうです)における合体という名目ですので、公に女の子がサービスを致すお金を取っていますよ、とは言いづらいお店が多いわけでございます。
その為この様にホームページ等には入浴料として記載をし、お店に伺った際にサービス料を合わせて総額として頂く、という形を取るわけですね。名目ばかりでなんだかこの辺り非常に日本人的な奥ゆかしさを感じますね。



さて、そんなソープランドで御座いますが、一度は皆さん耳に入れた事が有るのでは無いでしょうか。東京におけるソープランドの聖地、吉原という名前を。
かねてより遊郭としてその名を馳せた吉原は、今尚その伝統を受け継ぎ性サービスの一大ブランドとして在り続けています。

場所としては現在の台東区の千束の辺りが吉原と呼称される立地となっております。
この吉原、風俗街にありがちな呼び込みが完全に禁止されており、風俗店の前を通学途中の小学生が普通に闊歩出来るという上質な治安の空間で有るとのこと。
そんな場所で育つ小学生はさぞや伸びやかに成長されるのではないかと愚考してしまいます。

そして語る時には欠かせないのがノンスキン、NSと書くと隠語っぽく含みを持たせられますがすなわちゴムを着用せずにプレイが可能なお店が多く有るのも特徴でございます。
この辺り正面から書いてしまうと、グレーどころか完全に黒も黒となってしまうため、そういったプレイが可能なお店は各店工夫して女の子の名前やプロフィールの欄にそれとなくヒントを仕込むのが通例となっております。



そんなお店はすなわち、先週風邪を引いてより何となく自己処理より遠のき、期せずして二週間もの間丹田に溜めに溜め込んだ気を放つに相応しい場所で有るという事です。



前置きが長くなりましたが、今回の主題は私天ぷらの、吉原体験しようと思ったんだけど色々有ったんだよね……。というお話となります。



さて、遡る事二週間程前、月曜日より体調を崩した天ぷらは、寝る以外のことをする気力も起きずその他はひたすらにスマホを弄って時間を潰す日々を送っておりました。
そんな中、実は性風俗店が大好きである天ぷらは、暇つぶしと称し性風俗店のホームページや口コミを巡っていたのですが、体調不良時に性欲が鎌首をもたげる事は無く、凪いだ心のまま存分に他人の性事情を堪能していたのでございます。

しかしながら、そんな心の内にザワリ、とさざ波が立ちました。

それこそが吉原のとある店とある女の子の体験記で有った訳ですが、なるほど噂としては聞いていたものの、NSである事を仄めかすかのような、いやもうこれ書いてるよね、大丈夫なのというレベルの内容だったのです。
風俗は大好きですが、もちろんNS未経験の天ぷら。性欲がようやく体調不良に待ったをかけ、自分の懐と相談を始める元気を体に与え始めました。



さて、行くと決まれば後は下調べです。
懐と相談を終え、潤沢な資金を持たないと認識をした天ぷらは、所謂大衆店に着目をし、積極的な情報収集を始めました。
ここで言う大衆店とは、目安としてはおおよそ総額20000円〜40000円に届かない位の印象をお持ち頂けるとよいかと思います。
これはあくまで天ぷらの印象ですので個々人の方の差異はあるかと思いますが、これを切ると格安店、ここを超えてくると高級店に一歩踏み入れるという認識でございます。

大衆店は何故か総額がそのまま表示される事が多く、こちらが入浴料だけの表示となり始めると高級店であるという見方も出来るのですが、それはさておき。
ここでとにかく探るべきはまずは多種多様な面からの情報、目的が絞れたならばそこを掘り下げる様に検索をかけていくという流れが天ぷら流風俗爆死回避法となります。
風俗店の情報はとかく氾濫しやすく、また真偽の程が定かではない物も数多く存在します。
その為まずはとにかく情報として量を集め、傾向毎に分類をし、その店、もしくは女の子への賞賛、誹謗中傷、具体的な口コミ、各種写真等から方向性の判断を始めます。
一つ一つでは意味を持たない情報の数々ですが、ある程度の括りと広い視野を持つ事によりぼんやりと認識ができ、それが自分の中のボーダーラインを超えるのものであった際にピンポイントで情報をピックアップしていくという流れで、候補の店、女の子を無事に決定する事が出来たのでございました。

この時点で体調不良はどこへやら、しかし日時もかなりの経過を見せ、恐らく土曜日日曜日、その辺りであったように記憶しています。
翌日以降は仕事であるという現状を抱え、ここで天ぷらは一つの決意をします。

そう、自慰行為の制約です。

店舗への訪問はこの決意と共に自然と翌週土日と決定づけられ、今度はその為の予約に向けての行動を開始したのでございます。
予約の取り方は各店舗基本的には前日より予約が可能、しかしながら来店済みもしくは会員登録等が済ませて有れば、その日時を少し優遇してもらえる事も少なくありません。
今回吉原への登楼は勿論初めてでございましたので、その優遇はとりあえず使えず、しかしながら実はここに裏道が有ったりもします。
営業努力を怠らないやる気の有る女の子は、twitterやLINE等SNSサービスにて、所謂嬢予約という形の予約を受け付けている事が有るのです。
今回目星をつけた女の子はこの予約を受け付けており、しかも初回の人間でも予約が可能と正に渡りに船。
もはや吉原への思いだけで日々をこなす生物と化した天ぷらは、震える手を抑え女の子と直接のコンタクトを取り始めたのでした。



ひとまず第一幕はこんなものでしょうか。次回よりは実際の予約からプレイ前後まで持っていけたらなと思います。  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 00:07Comments(0)

2017年11月10日

Mason_rock_V2 info1



今年度も実施確定いたしました。
メイソンロックV2となります。

ツイプラ、もしくはDMで受付いたします。

https://twitter.com/sivispecem/status/928959436453920768

モーメントよりツイプラの参加画面へお進みください。

よろしくお願いします。


  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 21:18Comments(0)

2017年02月17日

メイソンロック ラストインフォメーション




【重要】お弁当は各自ご用意ください!

【シナリオ】

200X年、Atrantica大陸。
90年代初頭に崩壊した中央大陸の巨大社会主義国家亡き後もPeople’s republice of pineland(以下PRP)は残存し、国土の北端を接するUnited Province of Atrantica(以下UPA)への麻薬輸出と中央大陸諸国との独自パイプラインにより、依然としてKuervoの独裁政権が君臨していた。
PRPの麻薬市場は2000年代後期には南部諸国の国家資産を上回る程に成長し、大国UPAとPRPを繋ぐ3つの国道から流入する麻薬によってUPA南部4州の治安は悪化の一途を辿った。

事態を重く見たUPA政権ではPRPの制裁を強化。同時にカルテル壊滅を目的にした特殊作戦実行に向け、カルテルの拠点であるPRP北部密林への無人機による偵察と特殊工作員の投入により情報収集を開始した。

しかし水面下での工作活動が進捗する中事態は急変する。
UPAの無人機が両国国境からわずか2kmのPRP国境内部に墜落したのである。
無人機の落下物には監視情報が記録されており、越境行為の露呈は両国の軍事衝突は免れない事態となることは明白だった。
PRP国境警備隊に落下物の捜索が始まる中、UPA大統領の命により極秘に特殊部隊による落下物回収作戦が始動することとなった…





【工程】

10:00 潜入部隊越境作戦開始(レンジャー&陸特)

10:?? ヘッドクォーターよりおおまかな落下ポイントが通達される。

10:15 UPA一個分隊による偵察。

10:30 敵勢確認。敵1個分隊。偵察部隊、本隊に連絡。

10:35 本隊展開。①敵部隊の排除 ②落下物の回収。①②の任務を潜入部隊の2個分隊で行う。

10:40 分隊交戦。損耗率によって②の第2分隊から増援に回る。

10:50 作戦終了。

【チーム構成】

各部隊構成
UPA 2個分隊(16名)←欠席者などによって人数は上下します。

A分隊 8名(偵察ユニット4名/アサルター3名/メディック1名)
B分隊 8名(アサルター6名/ガナー1名/メディック1名)

PRP 2個分隊(16名)
A分隊 8名(アサルター6名/ガナー1名/メディック1名)
B分隊 8名(アサルター6名/ガナー1名/メディック1名)

部隊構成
アサルター…弾薬は0.25gBB弾180発まで携行可能。タ弾マグ禁止。30×6マグが理想。

ガナー…弾薬0.25g 携行弾薬制限無し。多弾あり。

メディック…被弾した仲間を復活させられます。
安全な場所まで避難させて、復活させてください。
各隊員は一度のみ復活できます。


https://drive.google.com/drive/mobile/folders/0BzY0B8elkk5hU3YwYW51MzY1OVU?usp=drive_web


NB-3さんがロゴを作成して下さいました!
SNSアップロードの際などにご活用下さい。


それでは、当日よろしくお願いいたします!  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 12:06Comments(0)

2017年02月10日

MASON ROCK インフォメーション3





気がつけば開催まで残り1週間


事前にスナコンについてご説明いたします。


■スナコンとは

USASOC SNIPER COMPETITION(いんたーなしょなるなんちゃらとか幾つかある)はアメリカ陸軍特殊部隊主催の
スナイパー競技大会、通称スナコンをモデルにしたシューティングマッチ競技です。

【参加者】
スナイパー 1名
スポッター  1名
計2名1組のチームで動きます。

【内容】
フィールド内に敷設された8枚のターゲットを制限時間(300秒)内に撃ち、
スピードを競う競技です。
スナイパー、スポッターのペアはフィールド内を走り回り、フィールド内にあるカラーコーンの
位置で指定された射撃ポジションで撃っていただきます。
1発外すごとにタイムがペナルティで加算されていきます。


これが的です。

■スナイパー
標的を撃つのが主な内容です。
事前に説明するルート上にカラーコーンがありますので、コーンのそばで射撃姿勢になり、
標的を撃ってください。
撃つ→走る→撃つ が基本動作となります。

持ち物:エアガン

■スポッター
記録と射撃を行います。
フィールド内にある8枚の標的のうち、
3枚はアルファベット(もしくは数字)が書いてあります。
スポッターはこちらの文字を記録シート(当日配布)に記入し、
ゲーム終了後にご提出ください。
正誤でペナルティタイムが加算されます。

また、スポッターが撃つ標的もありますので、エアガンの
携行は必須となります。

持ち物:エアガン,記録シート(配布)、書きやすいペン(シャーピー)

※雰囲気ゲームなので、エアガンの種別はボルトアクション、電動問いません。
 セミオートで撃てる銃であれば問題ありません。


参加者事前エントリー受付中です!


メイソンロックでは今回は10組先着で撮影会と同時進行で行う予定です。
豪華景品(?)もありますので、ふるってご応募ください。

■参加氏名
■スナイパー、スポッター氏名

をご記入の上、TwitterのDMもしくはFacebookのメッセージでご連絡お待ちしております。


  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 13:09Comments(0)サバゲ

2017年01月30日

MASON ROCK インフォメーション2 【チーム分け】






お疲れ様です。
先週更新するはずが遅くなってしまいました。

メイソンロックは参加者トータル41名となります。

参加していただく皆様をもちろん、RTしてくださった方、
お友達を誘ってくださった方々のおかげで、
予定通り、2個分隊VS2個分隊でゲームを行えそうです。
ご協力いただきまして、ありがとうございました。


参加者の皆様、ご確認ください。

次のインフォメーションでスナコンのルール説明&プレエントリーを募集いたします。

【チーム分け】

【BLUE TEAM】

〈Airforce・MARSOC・Δ〉8名

@ippisou
@Picture273
@hanyu_ds
@dekayama
@D41D4L0S
@linda_QGKGAO
@toshi3501734
@therabbitsearth


〈NATO・NAVY〉10名

@hazimecyan002
@nantomissile
@sharwood250
@zugfuhrer1939
@shika666
ロマンさん
ライダーさん
yahioさん
ラーチさん
@snowlinx4167




【RED TEAM】

〈75thRangers〉10名

@polaris_mv700
@hayama11102
@chumRltw
@ko_bayashi75
@tatuki789
@ziguzagu75
@masa1340
@M4VLTOR
@jetman0724
@prepre360


〈USASOC〉8名

@Realment_co_ltd
@sabre18b
@619riki
@taisuke69
@cutthroat02
@masa_two89
Tkgcさん
@avocadonist

  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 21:01Comments(0)サバゲ

2017年01月15日

MASON ROCK インフォメーション1




メイソンロック(架空のイベント)⇒開催決定!

インフォ1おせーよ!と既に圧を受けております。メイソンです。

【日程】
2月18日(土)


【場所】
Airsoftpark GARDEN 様


【スケジュール】

 8:30   集合・受付
 9:30   ミーティング
 10:15   ゲーム開始
 12:00   昼食/撮影会
 13:00   撮影会/ミニゲーム(スナコン)
 15:00   ゲーム
 17:00   終了


【レギュレーション】


〇銃のセッティングは法令遵守でお願いします。

〇BB弾はバイオ弾0.20 ,0.25を使用してください。

〇終日セミオート戦を行います。※ガナーのみフルオート可とします。

〇弾数:ノーマルマグ30発6本まで、ガナー以外180発制限。
    リアカンでなければ180発になればOKとします。(60発のマガジンなら3本)

〇トルネード可、モスカートは無制限で使用可能。

〇無線可能な限りお持ちください。

〇レーザーポインターは禁止とさせていただきます。


【ドレスコード】

2010年以降米軍/NATO諸国/ロシアetc・・・

リエナクトではないので、小物の新旧や実物・レプリカなどは
一切制限なしです。
架空の装備・本物と著しく異なる装備の使用はNGとします。


開催告知でした。
チーム分けなど準備中ですので、
よろしくお願いいたします。


なお、エントリーにつきましては、

 http://twipla.jp/events/232127 

上記URLでエントリーをよろしくお願いいたします。


エントリー締切 1月20日(金)
  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 12:28Comments(0)サバゲ

2016年12月17日

陸特は6094SLICKのODを使っています。




いきなりミリフォトから!!
たぶん2014年ぐらい・・・だったはず。部隊は安定の3rd SFG。 アフガニスタン。
ODA3334か3235あたり。最近写真の整理が雑すぎてあとで見返すとさっぱり分かりません。メイソンです。



こっちはCIF。スナイパーでした。
こういう一定数量スリックなプレートキャリアを使っている画像はあるのですが、
なんせ統一感が無い・・・TYR、EAGLE、CRYE、LBT、MAYFLOWER・・・よく分からないやつ・・・
部隊ごと、隊員ごとに使っているような現状ですね。
LVMBAVもドイツの訓練画像とエストニアで行われた合同訓練でそれらしきものを着た人がいたぐらいなもので
めっきり出てきませんし、かなり需要があるものではなさそうです。
最初にあげた6094スリックのODもせいぜい2、3枚しか僕は写真持ってません。
この写真自体S&S のプレートフレームとかそこそこなゲテモノアイテムを着ている隊員も映っているので
全般的にテンプレートなODAを再現する上ではまったく参考にならない写真ですが・・・




買っちまいました・・・

やってしまった・・・ついにやったというべきか・・・
この写真を1年半ぐらい前に見つけてからうわーかっこいいなあ・・・と思いつつ微妙に高いしオークションにも出てこない。
かといってTMCのレプリカを買ってまで再現する装備じゃないんで悶々とした日々を送っていたわけです。
だからガスガン1挺ぐらいのお値段でひょっこり現れたときにはびっくりしました。

このなんともいえない色、RG(レンジャーグリーン)じゃないんですよ。オリーブなんです。渋い。
夜撮ったのでエメラルドみたいな色になていますが実際に見ても少し青いです。
仕様は普通の6094と変わらないので各部の写真は撮っておりませんがスイマーカットっぽいです。



まだこれを着てゲームに行っていないのでとりあえず着てみた写真。
写真に従いメイフラワーUW4。これも夏になるたびに買おう買おうと考えては売り切れ、値上がりと何度も
買い逃していたものです。。。いつでも買えるものは後回しにしがちですが突然買えなくなることもあるので注意が必要ですね。。。
確かにスリックはコンパクトで良い。余計なものもひっかかりませんし、チェストリグをはずしたときの快適性は抜群ですね。
ただswift ckipがついていないのでAPCやVelocitySCARABのような楽な着脱はできませんし、
ベルクロで固定も出来ないのでフロントフラップを無理やりたたんでくっつけるか、固定はあきらめるか、といった感じで
この手のものでは大分後進的。
Hハーネスってどうも調整面倒ですね。UWgen4の後gen5やPUSHERがフロントスプリット方式になったのが良く分かります。
リエナクト的な目線だとUW4が一番写真も多いので選択肢の筆頭に上がるのですが。。。
あとはハンドマイクの準備でしょうか・・・
トップの写真ではタレスとハリスのハンドマイク二個持ちですね。ハリスはちょっと珍しい。
タレス2個でも普通にいい気はしますが要検討。
アンテナも検討。新旧含めて。

とこんなところでしょうか・・・ADAMSのマウントとかPVS-23のODAでの使用例についてとかも書きたいのですが
まとまっていないので今日は(今日も)お買い物ブログでした。











インドアフィールドのU-BOXに「FORCE BACON」さんの主催でタクトレに行ってきました。
タイムを競って的を狙う練習はかなり面白かったです。
ミッションやレギュレーションを決めてゲームをするのも楽しいなあと思った今日この頃。
FORCE BACON様、ありがとうございました。

年明けには私も貸切開く予定ですので、準備いたします。





冬なので消失。2010年の2月公開。
くっそ寒い中新宿で見たのを覚えてます。長門・・・ああ長門・・・
確か映画のエンディングではメロディーないんですよね。
今再放送やってますが何か新作予定とかもあるのでしょうか?  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 19:00Comments(0)サバゲ装備品

2016年10月26日

PM GAME @ Head shot

10/23にPMgame/HeadShotに参加いたしました。
当日は110名以上の方が参加しており、ハートロック明けというとこもあり、かっこいい装備の方が大勢参加しておりました。
















当日はギアフェスに向けた運用テストということで、現用CIF(C/1/1)のCQBでした。

細かいポイントはギアフェス後に書こうと思います。
1st/3rd/7thのCIFをメインに装備は構成しています。
10thはやや異色なので参考写真からは排除。
露出してる写真ではFusedresponse2014が最も近いのです。





最近1stSFGが参加していたのは2015年?ベトナムでのオバマの警備ですね。
USSSと活動しているようです。



参考にしている2014年 Fused responseの7th SFGのCIF。



いつものお仲間と。
TYRが人気です。 頑丈な素材でオペレーターからも好まれているようです。







①インストラクターERO(MNG氏)が準備してくれました、インストラクターZERO考案のタクティカルトレーニング。
動き回るMNG先輩と等間隔で目標を撃ち続けるというもの。やってみるとこれがなかなか難しい…


②Force Baconさんレクチャーで進行しました辛いタクティカルトレーニング。
腕立て伏せ→撃つ→走るを繰り返すドム・ラソ式トレーニングでしたがとても面白かったです。

タクトレ、というとベッドの上でマガジンチェンジをするようなイメージで抵抗感がありましたが、タイムを計って精度と時間を競う形式で夢中になりました。
今後貸切ゲームで盛り込んでいきたいと思います。
貸切ゲームやるのかな笑 年明けにちょろっとやれたらいいなぁ…





参加された皆様、お疲れ様でした。

またよろしくお願いいたします。
  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 19:34Comments(0)装備品サバゲ

2016年05月23日

UOC vol.7





魔肖fujiwara様主催のUOC VOL.7に参加して参りました。

主催のfujiwara様、参加された皆様、お疲れ様でした!
UOCは6から参加しており今回で2度目になりますが、以前にも増してアクティブな戦いとなりましたね・・・




Twitterでもう何度も書いてますが頭壊組さんの連携プレーが凄まじかったです








お気づきの方もいらっしゃると思いますが、今回のクミオさん(http://pokkuri-squad.seesaa.net/)と自分の装備はシリアがテーマです。










FRANCE24 NEWsに突如映った西側の特殊部隊ということで、見た瞬間に「これやろう!」と思い立って急いでMARPATを注文しました。
現地軍は大体MARPATに見せかけたレプリカみたいな迷彩が多いのですが、写真の隊員を見る限り米軍側はMARPATを着用している隊員が確認できます。つうかこれ普通のODAじゃね?



と思いきや微妙に気になる感じの人がまざってますよね。 例のマウントです。ブルキナファソやキルクークでも登場しましたアレです。 さらにJPC2.0とちょっとODAじゃないんじゃないかな・・・

ちなみに別の戦闘中の動画でMARSOCらしき隊員も映っていますね。


Video shows Navy Seal's death was result of intense combat with Isis
KURDISTAN ARMY
KURDISTAN ARMY




MARSOC? コヨーテのAVSを着用しています。

こんな具合にどこの特殊部隊も参加している可能性があるということで、現地軍に合わせてMARPATを着ている対IS戦ODAの設定でUOCには参加したわけです。
ちなみに下にCRYEのRGにしたのは長期の作戦で私物を使用しているという設定と、王道マルチカムを排除したのはUOC前に伺った“米国の政策方針”を自分なりに反映させてみました。 
私服装備今年は増えるんじゃないでしょうか。







2016年5月に公開されたEmerald Warrior 2016 ではArmy Special ForcesによるHigh-ValueTarget trainingの写真では隊員のほとんどが私服にアーマー、ヘルメットのスタイルです。非対称戦って感じですね。。。
車輌から引きずりおろしていますがブラックホークダウンの冒頭みたいな重要参考人の捕縛を想定したものなのでしょうか。



さて、UOCに話を戻します。



TAKさんと。 Con Paz!!!!ってずっと叫んでたんですがUOCで平和的解決は望めませんでした。



全快娘さん 愉快全快エアガン日記
はドローンで空撮をされてました。 すごいですね・・・思ったより高く飛ぶ・・・




UOC vol.7の動画


という感じで(?) 今回も思いっきり楽しみました。
また次回もよろしくお願いいたします!
  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 23:33Comments(0)サバゲ

2016年03月30日

PM GAME @ DESERT UNION




たいへんお久しぶりです。メイソンです。

先週ぐらいに参加したPMゲームの写真です。
ピースーメーカーさん、いつもお誘いありがとうございます。

トップにも上げましたが、今回はちょい古です。
微妙に年代と場所がそろってないのは僕が装備を組み替えるのめんd

07年のイラク後期頃から陸軍特殊部隊ではSFLCSが広まり、これまでに多用されていたCIRASアーマーにパラクやブラックホーク、DBT、SO-TECHなどおなじみのポーチ類と組み合わさって使用されていきます。
まーとても重たい、でかい装備の時代です。JPCやCPCが出てくるずっと前の時代です。
ヘルメットはMICH2000や2001を基本に、CIRAS、MBAV鉄板プレキャリ&フルアーマー、メインはM4です。
BLOCK2の光学機器類は2007年次にはもうかなり見られますが、RISⅡレイルはもう少し後ですね。
古典的なM4A1にEo-tech553、PEQ15 、M3Xが2008年前後の基本セットアップです。Battle of shok valleyの写真で確認できると思います。
2Gさん、アヒージョ君は着実にこの年代が仕上がりつつあり、うかうかしていられません笑。いいかげんACUを買え!と圧力がwww
ちなみにいつものお仲間のMやまさんは空軍です。年代とかはよくわかんないっす・・・初期アフかなあ・・・ グレネーダーベスト?を着用していました。モスカートがたくさん入ります。
Yざきさんはmayflower APCのおそらく最初期モデルを使用。
チェストリグとのドッキングが想定されていないため形状も大きく違います。現行にはあるベルクロつきのMOLLEではなく、前面普通のMOLLEだったりします。 いいなあ。。。羨ましいレアギアです。 
正直何年頃作られたものなのかよくわからないですが、ある程度マイナーチェンジの年代は絞れてきているのでおいおいブログにでもまとめようかと思います。













R.I.P


今回の自分のセットアップは2009年に事故で亡くなったCIF隊員の、MSG. Stephen walker booth 氏の装備を参考にしています。
Booth氏はアサルターチームのリーダーを務めておりました。
2007年から2008年にかけての写真ですが、CIRASにTCIのSASⅡとU94型のPTTで二台持ちしているのが確認できます。
TCIのSASⅡは運よくオークションで平和的にゲットできました。 
イヤホンから音を聞き、自分はPTTから生えてるマイクに向かって話すという微妙なデザイン。 しかも故障しやすいらしく、現用ではほぼ見ません。SILYNXやインビジオに淘汰されてしまったのでしょうか。
個人的にこのローテク感がかなり気に入っております。



別の隊員ですが使用例②





使用例的な正解はMAP・・・がしかし持ってないので、写真を参考にCAMELBAKのMULEをタイラップで無理やり固定しました
腰のストラップも併用すれば意外と使えます。若干MULEのほうが小さいですが、近い用途ではあると思うのでこれはこれでアリかなと判断しましたが如何でしょうか?笑













いつものメンバーです。 いつも遊んでくれてありがとうございます。

私情により少しの間サバゲをお休みしますが、またよろしくお願いします。

本日もお付き合いいただきありがとうございました!  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 20:00Comments(0)サバゲ

2016年03月15日

VORTEX RAZOR HD GENⅡ 1-6x24



当初はこの画像で「こんな課金武器はいやだ」みたいなタイトルにしようと思ってましたがTwitterでやって満足してしまいました。久々にまともなタイトルです。天ぷらです。



はい。タイトルの通りまた増えました。ええもうそらG28の上できかんしゃトーマスもやります。
正直自分の思いの丈をいくらぶつけてもぶつけきれない程焦がれていたのがこのRAZOR HDというスコープです。例えていうならばMark8と並んでいてもこちらを選んでしまうかもというほど好きなスコープです。
実は入手する機会を一度逃していたのですが、二度目は流石に見逃せませんでした。もうお尻は大炎上しております。
PSTを買ってからはや……一年と半年程。遂に手に入れましたVORTEXのフラッグシップモデル。最高のリスペクトを込めてレビューをしたいと思います!!





……あ、すみませんやっぱりマトモなレビュー出来ない人間なんでいつも通りのレビューでいきます……。お時間が許しましたらお付き合い頂けますと幸いです。



ホラ……やっぱり最初は基本に立ち帰り刻印をば眺めましょう……。
ホントにこのVORTEXのロゴはカッコいいですよね……。そしてこのカラー。RAZOR HDならではです。
この色が本当にかなり幅広くテッポとマッチするんです。ただ黒いよりカッコいいんじゃねぇかってくらいモノによっては似合います。
今度VORTEXからAMGというRAZORの高倍率のハイエンドモデルが発売されましたが、色が普通に黒いのがちょっと残念です。
30mmの6-24xなのですが、値段も3000ドル超えでしかも日本製ではないのであまり日本の方々が買ううまみは無いスコープに仕上がっている様な気がします(あくまで主観です)。
そしてちなみにですがこちらのRAZOR HDはしっかり日本製です。埼玉で今日もチャキチャキ組まれている事だと思います。
PSTレビューの時の伏線を回収出来た様な気がして自分もなにやら満足感が有ります。




レンズのコーティングは接眼対物ともに緑がかったようなコーティング。やはり同会社のため系統は非常にPSTと似ています。
そして一つ特徴というか、気になった点が……。
接眼レンズがかなり筒のキワまできております。内部にネジが切られていない事を考慮しても、下手すると凸部分が視度調整ダイアルからはみ出るのではないかという程ギリギリにはめ込まれています。
結果としてかは分かりませんが、RAZORの視界は非常に広く取られている印象を受けます。
スコープや光学機器の特性上、覗いた際にはどうしても筒の外周が目に入ってしまうのですが、それが非常に細くなっております。
そのため、増幅された視野が宙にそのまま浮いた様な見え方をするのが大きな特徴、非常に秀でている点になっていると思います。




エレベーション、ヴィンテージともにダイアルにはキャップがかぶさっております。割と流行のタクティカルスコープとしては珍しい特徴なのではないかと思います。
キャップを外すと非常に平べったく、大きなダイアルが出てきます。作りの関係上滑り止めがかなり上部に入っている印象を受けますが、操作のし辛さなどは全く有りません。
背の低さを狙って設計されているだけ有り、視界の妨げにはなりづらいです。これは恐らくダットサイトなどをオフセットして搭載した際にも非常に強みになってくる点だと思います。
実際に自分がPSTとマイクロダットを併用しようとした際には張り出してくるダイアルに非常に困らされましたが、こちらは普通の45度オフセットマウント等でも問題なく搭載する事が出来そうです。
しっかりとしたクリック感もあり、好みのダイアルなのですが目盛りは一周分で有りながらシングルターンでは有りません。
多く周回した時の目印等も特に無いため、現在何周しているのかの確認に苦慮しそうな気がするのですがどうなのでしょう……。
自分なりのゼロをしっかり設定しろよというメーカーからのメッセージなんですかね()




イルミネーションダイアルは他のダイアルと同軸に有り、こちらも背は低く幅は大きく設計されています。
写真の様に操作をする際にはダイアルを外側に引き出して行い、押し込めばその輝度、もしくはオフのまま固定を出来る仕組みになっています。
どこのメーカーも本当にイルミネーションダイアルの対応には試行錯誤をされており、様々な扱いをされていますが個人的にはVORTEXのイルミネーションダイアルは非常に好みです。
操作のしやすさとスコープとしての本来の機能の妨げにならなさを非常に高レベルで保っているのではないでしょうか。



ダイアル繋がりでついでに倍率調整ダイアルも見てみます。
PSTに比べると非常にシンプルな倍率のマーキングになっており、見ながら確認というよりは使いながら合わせていくイメージなのかなと思います。
やはりというかなんと言うか、VORTEXの倍率ダイアルは動きが渋めです。実銃に載せるにしても、他メーカーと比べてかなり回すのに力がいる印象を受けます。
ダイアル自体は大きく非常に操作もしやすいのですが、スルーレバー等が有るとよりしっかり狙った倍率をすぐに出せるのではないかと。





そして久しぶりに頑張って視界を撮ってみました。上から等倍、3倍、6倍となっています。室内でスミマセン……。
RAZOR HD GENⅡはセカンドフォーカルのため、倍率を変更してもレティクルに変化は有りません。GENⅠはファーストフォーカルだったのですが、何やら色々事情が有ったようで……。
等倍の時のアイボックスとアイリリーフはかなり広く長く、どこから覗いても割と覗けてしまう印象を受けました。低倍率にありがちな像のゆがみ等も一切無く、本当に優秀な視界を確保出来ます。
見え方としては暖色系の色味の見え方をします。しかし、リューポルド程コントラストがきつくもなく、丁度いいレベルで調整された色味になっていると思います。
室内のため距離は恐らく5m程なのですが、3倍程度ならばしっかりとフォーカスも合います。6倍になると流石に厳しいですが、視差を100ヤードで調整されているショートスコープとしては十二分な見え方をしています。
というか、今アメリカで流行の3ガンマッチを対象として作られたスコープだけあり、遠くは遠く、近くは近くと倍率ごとにしっかりと役割が定められているような見え方をしますね。
シュミベンの様に高倍のスコープを低倍にしました!!という印象ではなく、一本のスコープでしっかりと倍率ごとの役割を果たせる様に作られている印象です。どちらが良いという訳ではないですが、個人的にはRAZORの考え方の方が好ましいです。



イルミネーションは写真の様に中心のみが光ります。いくつも上げるのはアレなのでとりあえず最高輝度のみで……。
補助に留まらず、積極的に対象を狙っていける強力な点灯も可能な十一段階調整。なんか最近変な光り方するレティクルばっかり覗いていたので、中心だけというのは逆にお久しぶりな感じがします。
ちなみにこのレティクルはとんでもない速度でバレットとぶっ放す事でおなじみの、Jerry Miculekが開発に携わったレティクルです。名前もそれをもじってJM-1 BDCという名前です。
正直……正直な所最初に見た時にはなーんやシンプルやないかなぁ……?と思ってしまいました。
というのも光学ヲタク的には筒と一緒にレティクルを買っている、というイメージがあるため、あまりシンプル過ぎるレティクルは避けたがる面倒な人種なんですね……。
各社特許を取得し、なんなら権利を買ったりして各社の顔にもなり得るのがこのレティクルというやつなので、あまりシンプル過ぎるとちょっと……ちょっと……スミマセン面倒臭くて……。
ですが、このレティクル中々どうして優秀で、5.56mm7.62mmそれぞれの落差調整にも対応し、必要最低限のリブで各種測定が行えるように設計されているそうです。
実際このレティクルを積極的に選択される方もいるようで、スイマセンなんか地味とか言って……という感じです。
流石に現役バリバリのシューターの方がデザインされているだけはあります(上から目線)。



というわけでMark6との2ショットでパシャリ。うーん、こうして並ぶと本当に宝の持ちぐされ。モノに持ち主が見合っていません。
ついでなんでちょっとだけ比較してみましょう。



長いイメージが有ったRAZORですが、こうしてみるとMark6とほぼ長さが変わりません。というよりこの長さで抑えてるMark6すげぇな。
自分の中の長いイメージの正体は恐らく、エレベーションから対物にかけての長さと、倍率調整ダイアルから接眼までの太い部分の長さが他のスコープに比べて長いためだと思います。
30mmというチューブ径と相まって、太い後部からスッと伸びている印象を受けるデザインになっています。
それに伴いというか、Mark6と並ぶと一目瞭然なのですが、マウントの後部の調整幅が殆ど有りません。機構的な部分も有ると思うのですが、やはりというかピカティニーレイルなりのテッポの方での調整をかなり前提にしたデザインになっていますね。
マウント位置がそこそこ固定のテッポには向かなそうです。まぁそこまでしてそういうテッポに使いたがる人もいないんでしょうが……。




ちなみにチューブ径34mmのMark6ですが、30mmのRAZORと比べて対物が20mmに対し24mmとなっており、接眼部も細いです。
えっと34mmの意味って……?
これまたちなみにシュミベンは26mmだったりするので、チューブ径が太い=対物を大きく作れて集光がしやすいというメリットが有ると思います。
もちろん太くなった分エレベーションなりの調整幅は広がるのですが……どういう事なんでしょうか。
勉強不足で申し訳有りません。どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えて頂けると幸いです、



とりあえず毎度ながらG28に載っけてみました。……やっぱG28でけぇな!!
大きなテッポには大きな筒がやはり常道なのですね。あまり似合いません……。
こんどからもう少し似合いそうなテッポに載せて撮ってみる事にします。これじゃ何の参考にもならない事に最近気づきましたどうも天ぷらです。





とりあえず今回はひとまずこんな感じで……。そして次回予告というか、Mark6にせよRAZORにせよ、中古で購入したのでマウントがついてきました。
Mark6にはLarue、RAZORにはADMという二種類なのですが、これに自分が元から持っていたBOBROを足すとお肉の国今をときめく(?)マウント三種が集まった事になります。
実はスコープ買おーっとなった際に、あまり情報が出てきづらいのがこのマウントというやつだと思います。
なので次はこのマウント達の簡単な比較でもしようかなと思っております。よろしければお付き合い下さいー。  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 23:44Comments(1)光学機器

2016年02月29日

PM game @ battle city



Night time is the…


Force Bacon、CRLsメイソンの3名でPM gameにお邪魔してきました。

いきなりのNVG(レプリカ)ご披露に度肝を抜かれました。
AVS9やっぱり欲しいっすね。レプリカにもプレミアがついている現状ですが需要はあるはず…




今回の。
久しぶりのMBAV。
織田組は最近ずっとDirect action的な装備。

【2G】
MBAV
paraclete MFS MBITR
CONDOR magpouch gp pouch
DBT 40mm
SFLCS

【Mason】
MBAV
paraclete MBITR GP pouch 40mm
ATS gp pouch
TYR breaching tool pouch
SFLCS


この辺イメージです。







背面セットアップはこの写真よく参考にしてます。
ブリーチングツール2コマ消費、GPポーチやフラバンポーチ4×4を2つ配置すると良い具合に収まります。
JPCだともっこりしてしまいますので、背面スペースが十分あるMBAVの利点ですね。












  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 19:00Comments(0)サバゲ装備品

2016年02月27日

ブログネタが無いから筒を買う、狂ってる?それ、褒め言葉ね

嘘です。欲しいから買ってます。どうも天ぷらです。
先日シュミベンが届いてよりしばらくして、知り合いの方が覗いていた際に有る事に気づきました。

「これ、何かゴミが見えるね」

その場ではレンズのクリーニング不足ですかね〜(笑)等と言っていましたが、内心はバクバクでした。
対物にしろ接眼にしろそこまで明確にゴミが見えるという事はスコープの特性上ほぼ無いので、間違いなく内部であろうとその時点でほぼ確信をしていたためです。
実際家に帰り、しっかりとクリーニングをして落ち着いた場所で眺めても、それは有りました。
スコープ好きを名乗りながらゴミに気づかなかったのは心底情けない話なのですが、言い訳をさせてもらえばそのゴミはレティクルとほぼ同軸上に有り、シュミベン入手の興奮が目を曇らせたという部分が多分に有ったと思います。
発見よりすぐに購入させて頂いた銀座銃砲店様に相談させて頂いた所、修理のための手続きをして頂けるとの事で本当に安心しました……。
やはりこういう時に頼る事が出来る代理店様の存在は本当に助かります。様々な点で銀座銃砲店様にはご迷惑をおかけしてしまっているので、本当に足を向けて寝られません。



因みに撮影して頂いたゴミの様子はこんな感じ。レティクルに重なった部分と、左上にも一つ確認出来るかと思います。
銀座銃砲店様の見解では、シュミベンでは初めてとの事でしたが高倍率しか扱っていないため、もしかしたら今までも入っていたのかも……。との事でした。
もし本当にそうだとすれば非常に残念な事で、確かに倍率を上げた際にはゴミは見えなくなりました。
現在輸出手続きを取って頂いている所ですが、世界最高のスコープメーカーを名乗る以上品質管理もしっかりして欲しいものです。

……これ、本題ではないんです。FGOのリセマラをしながらなので妙に筆が走っております。これより本題!!

そんな訳でシュミベンを封印しての先日のサバゲーだったのですが、そうなると現在自分が所持している光学機器はbushnellのコンパクトとHAKKOの3-9xが一本という事になります。
結果は自分は光学機器が無いとここまで戦えないのかと絶望するには十分な内容でした。サバイバルゲーム程の近距離でも光学機器の能力は自分の様な素人には大きな実力の底上げとなっていた様です(泣)
これではいけないと自己の鍛錬に気持ちが向かわないのがキモ-ヲタクたる所以。それからは目を皿の様にして新兵器の発掘に勤しみました。

また少し話は飛びますが、以前ゲロバナナ様に大量にLeupoldのMark6が入ってきていたのは皆さんご存知でしょうか?
円高の影響も有り、底値では16程の値がつけられていたと記憶しておりますが、なんと恐ろしい時代が有った事でしょうか……。
そんなゲロ6の一本が巡り巡ってゲロバナナ様に戻ってこられた様で、16とはいかないものの現在の相場からするとかなりお手頃な価格で販売されていました。
これは天啓と入手してしまいました……。ええ。という訳で本題の



皆大好きMark6です。
これから少しインプレ的なものを行っていきたいのですが、何分ホンマモンの人気機種なので、わざわざ自分が書かなくとも多くの方のレビュー記事をネットで拝見する事が出来ます。
しかもより詳しく正しい内容なので、今回触れさせて頂くのは本当に自分が気になった場所のみに留めさせて頂こうと思います。
お目汚しでなければお付き合いを頂けますと幸いです。



自分が今回購入したのは7.62mm対応のモデル、レティクルはCMRとなります。例により内部の撮影は諦めたので画像でご確認下さい……。
因みにゲロバナナ様経由のMark6はなんか7,62対応のものが多かった様に思います。後は圧倒的にボロい。
サバゲーで使うだけじゃどう考えてもこうはならないという強烈なオーラを放っています。
この土どこの土だろう……?とか思ってしまう土もたくさん挟まってたりします。土(実物)
個人的にはどんなにボロかろうがレンズや見え方に明確な欠点が無い限り、光学機器の価値はそう変わらないと思っているので文句は無いのですが、どこのどなたが使われていたのかは非常に気になる部分です……。




それでは気になる点その一から。
ダイアルのゼロストップってこうなってたんですね……。正直仕組みは良く分かってなかったです。
ゼロの位置ではストッパーがかかり、押し込まなければダイアルを回せない様になっています。蓋を開けてゼロの位置を変更することでストッパーのかかる位置も変えられるんだと思います。
一度押し込み回し始めればその後はスルスル回り、ボタンを押す必要が有るのは出だしの時だけの様です。
ダイアルの感覚としては少しネチッとした様なイメージで、正直あまり好ましくは無いです。
ダイアルは1クリック0.2mradという事で、100mで大体2cmのズレが生じるってことだったと思います。多分。



そしてイルミの電池……この蓋部分によー砂が詰まってましたがそれは良いとして、

……これ、防水……?

いやいやいや多分どこかしらが上手く働いて密閉してるんだと思いますが何か明確にゴムが挟まってないと超不安になりますね。
てか砂が蓋の隙間に入り込むくらいだからやっぱり密閉されてな……ゲフンゲフン。
気になる点は有りますがイルミネートは非常に綺麗です。
高倍率では蹄鉄の様な部分だけがしっかりと光り対象を補足し、低倍率ではレティクルの目盛りを使えない部分をカバーしているかの様にダットサイトの様に見る事が出来ます。
ツリー型のレティクルもそこまで好きではなかったのですが、この位スッキリしていれば有りかなとか思ってしまう辺り自分は安い人間です……。




レンズコーティングは写真では分かりづらいですが、接眼は緑と橙が混ざった様なコーティング、対物は緑がかったコーティングに見えます。
そしてこれも買ってから気づいたのですが、視度調整のダイアルって無いんですね……。個人的にはこのギザギザの部分がそうなってると勝手に想像していたのですが、どういじっても動く感じがしないです。
今の所レティクルはハッキリ見えているので良いのですが、距離変わっても問題ないものなのでしょうか……?
見え方はお得意の暖色系。ホント暖色強いです。これに関しては良くは見えるのですがやはりあまり好みでは有りません……。
ウリの一つでもある透過率いじってるから暗いとこでもよく見えんべ?能力に自分の中で妙に忌避感が出ているのかもしれません。
因みに使い勝手の良さという面ではやはりこちらに軍配が上がります。
シュミベンがどうしても高倍率スコープを短くしたもの、というイメージになってしまうのに対して、こちらは流石にしっかりと近接での使用を前提に作られている感じがします。
アイリリーフの広さ、アイボックスの広さは本当に桁違いで、ここまで適当に覗いても見えるのかとかなり驚きました。
サバゲ―向き、という話になってくると圧倒的にこちらに軍配が上がります。




ダイアルの目盛りはこんな感じ。スルーレバーがついてきたので一応着けては見たのですが、個人的には無い方が使い安い気もします。
ちなみに素材は恐らくアルミ。手触りでは金属かどうかすら怪しいのですが、抉れて地肌が見えていたのでなんとか確認。
イルミネーションダイアルは流行のオンオフナラベターノですね。これは本当に使いやすくて好きです。
目盛りの位置も視認しやすく、ダイアルにもしっかりと指が食いつくので使いやすさはピカイチです。本当に多種多様な方面で使用例を見るだけの事は有ります。




マウントは最初から付属しておりました。Mark6と言えばこれというほどよく見るLarueのSPR1.5となります。
これ、イマイチ仕組みがよく分かってなかったマウントでありましたが実際持ってみるとなるほど……となる事が多いマウントでした。
まず気になっていたのが固定方法。リングを左右から挟み込みスコープを固定するという独特の固定方法を取るため、互い違いにネジを差し込んで固定をしています。
基本的には底部を固定してから場所を合わせ、位置合わせをして上を締めるというやり方で調整を行う事が出来ると思います。
しかしながら気になった点としては……これ、恐らくそこそこの現職の方が使用されていたと思うのですが、マウントがかなり傾いていました。
自分もマウントのアバウトさには自信が有るのですが、目視でしっかりと分かるレベルの傾きって射撃にかなり影響してくると思うのですがこれって大丈夫なのでしょうか……。

レールと嚙み合わせる部分のレバーは最初はかなりガバガバで、少し動くレベルの固定でした。
調整ははレバー部分のボルトを締め緩めする事で行い、ガタを無くす事が出来ましたが普通に面倒です(爆)
BOBROはその辺りを勝手にマウントでやってくれるので、この程度の事で面倒を感じてしまうのは悪癖だとは思うのですが……そういった事でレールに対する自由度は割と高そうですが、普通のマウントよりはやはりしっかりと作られたレールに対するマウントを前提にされている様に感じました。
後部レバーはロックがかかるのですが、前部レバーはロックが存在しないため、少しきつめにボルトを締めないと固定の面でも不安です。



実際にG28にマウントしてみるとこんな感じです。
やはりかなりコンパクトですね。同じ34mmでも長さにかなり差があるためシュミベンよりも纏まって見えます。
マウント位置も合わせてはみましたが、ここから二コマずつほどずらしてもしっかりと覗くことが出来るほどアイリリーフには余裕が有ります。
というか載せるテッポが無い事に買ってから気が付きました。SIGには似合わないしどうすんだこれ……。





以上、非常にダラダラとした感じになってしまいましたが、購入よりの所感を記させていただきました。
総じてやはりかなり優秀なスコープだなという印象を受けました。近くから遠くまで一瞬で対応する、ショートスコープの極みとも言うべき一本である事は間違いないと思います。
お目汚してでなければ次回もお付き合い頂けますと幸いです。  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 15:16Comments(0)光学機器