QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
メイソン/天ぷら/ざかえふ
メイソン/天ぷら/ざかえふ
メイソン、またはふたりはプリケツ
これから始める陸軍特殊

サバゲ歴も浅いのに装備に恋をしてしまった…
知識も技術もないですが、どうぞよろしくお願いいたします。
@sivispecem
フォローしてくださるととっても嬉しいです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年11月22日

G28の実物ストック買ったら思った以上にVFCの出来が良かった話

最近のラノベっぽくタイトルだけで内容を完結させてみました///でも内容も読んでね///天ぷらです///

G28も一通りこねくり回し、一抹の物寂しさが僕の胸に去来しました。何かが足りない……。
そうです、光学機器が載っていない事についに我慢がならなくなってしまったのです。
以前の光学機器購入から半年程が経過し、光学禁断症状と合わせ絶対光学買ってやるマンと相成った訳ですが、そんな時に限り良い光学が流れていません。
買いたい時に買いたい物が買えないストレスという物は自分の中では筆舌に尽くしがたい物が有り、どこかで発散せねばなぁなんて考えていた時に、見つけてしまったのがこのG28のストックとなります。



購入はゲロバナナ様にて。ネットショップでは売り切れ表示となっていましたが、東京店様には在庫が有りました。
以前よりチラッとああなんか有るなぁと視界の片隅には入っていたのですが、いざG28を入手した後に見ると、その輝きは比べ物にならず……。
ネットショップなどの値段よりかなりの額になる事は覚悟していたのですが、それよりはかなりお安く、しかも割り引いて頂けてそこそこのお値段で買わせて頂く事が出来ました。
イヤホントゲロバナナさんには頭上がりません……。
という訳で一時的なトランキライザーで光学禁断症状を押さえ込み、シュミベンの到着までまた気長に待つ心構えも出来ました。

それでは具体的に相違点などを見ていきたいと思います。



まず全体を見た際に目についてくるのはやはり色の違いですね。写真だと少しつぶれてしまっているのですが、VFCの方がややオレンジ色が強い様に見えます。
しかしながらこれ、肉眼で見るとそこまで差がある様には見えません。完全な再現を望むのはコストなどの上でも勿論難しく、ここまでやってくれるならば文句は本当に無いよなぁというレベルの色あいです。
ぱっと形を見た際の差異などもほぼ見受けられず、つくづくVFCという企業の末恐ろしさを感じました。
買った自分的にもこんな違わないのかと逆にゲンナリしてしまった程で、パーツを交換される際にはストックは後回しにして大丈夫そうです(泣)
因みにこの時点での明確な違いとしてはパッドプレート部分が挙げられ、VFCは樹脂製ですが実物は硬質ラバーの様な素材になっています。
構え心地としてはかなり差があり、実物を構えた後ではVFCはズルッと滑る印象を受けてしまいます。
後端のスリングスイベルも双方ややRが付いているのですが、VFCがただ曲げたのに対して実物は溝が入り、なるべく金属に負担がかからない様に曲げられているのも気づきました。
この辺りの細かい使用感の気遣いはお金をふんだんにかけられている実物ならではでないかなと。というかこのくらいはやってもらわないと困りますww



とはいえしっかり見ていくと差異は勿論あり、例えばこのストックレバーの部分などは顕著です。
7,62mm弾の反動に耐えるためか、実物は通常のロックパーツに加え、更にボルトがもう一本入っています。
レバーのテンションも勿論強く、形も有り操作ミスで指を挟んだ際にはやたら痛かったのが実物です。血豆出来ました。
ただし実物もVFCもバッチリパーテティングラインが有るのは同じです。
ポリマー系のハンドガンのフレームなんかもそうですが、実物系の樹脂パーツってなんかパーテティングライン消してる物の方が少ないですよね。使えれば良いみたいな考え方には好感が持てます。




パッドプレートを伸ばし、エンド部を見た際にも大きな違いが有りました。
穴があいている方が実物、閉じている方がVFCとなります。
バネ挿入部のストッパーとして、別体パーツとしてストッパーが入っているのが実物で一枚プレートで後端を丸ごと覆っているのがVFCという事ですね。
VFCは強度を出すのが難しかったのか、ストッパーのみならず強化パーツとしてプレートを使っている感じがします。
パッドプレートのネジ部分にも違いが有り、もう一本の支えパーツにそれが顕著に出ています。実物の方がやや溝が深く段階の溝が入っているのがお分かりになるでしょうか……?
ダイヤルに関しても色味は違い、VFCの方が塗料が荒く、塗面が弱そうな印象を受けます。



ちなみにバットプレートが良く伸びるのはVFCの方です。
というのも実物はストッパーが有りこれ以上伸びない様になっているのですが、VFCは伸ばせば伸ばしただけ伸びます。そして外れます。
実物がそうならないかとビクビクしながら伸ばしていたのですが、ストッパーが効いて一安心です。



ストッパーといえば内部のロック部分も違いが有り、VFCは銀色の金属そのままを使用しているのに対し、G28はコーティングがかかったロックとなっております。
肝心のストック位置変えてもチークピースの位置変わらないシステム(通称SCS。あ、自分が勝手に考えました)にはほぼ差異が見受けられませんww
実物には金属パーツのインサートが入っていますが、その位ですね。
ちなみにチークピースをガシャガシャやった際のうるささは実物の方が上です。VFCは実にスムーズで静かなのに……なぜだ……。



肝心のHK刻印の再現度も素晴らしいですね……。
ややKの文字が実物の方が太いかなぁ?位。ぱっと出されてどっちがどっちだ!!みたいな事をやられてもこの点に関しては絶対に間違える自信が有りますww
ちなみにここまで色々な相違点を見てきましたが、二点を見分けるに際し最も簡単で最もお手軽な方法が有ります。
それは"臭い"をかぐ事です。
明確にVFCが臭いです。ガソリンの様な。恐らく使用しているオイルが余り質の良い物でないのか、VFCをお持ちの方はご理解頂けると思うのですが製品がことごとく臭いです。
自分の手持ちではPPQやFNXがそれは顕著でした……。
この点そろそろ改良して頂きたいのですがいかがなもんなんでしょうVFCさん……。




因みにサイズ等調べずに勢いで購入したため、入らなかったらどうしよう……なんて考えながら家に帰りましたがしっかり入りました。
というかここまで色々書いて入りません!!となってしまったらもう僕はVFC本社を燃やさねばならない所でした。良かった良かった。
なんならその点を伏せてヤフオクに流そうとか考えていたのは内緒です。
ストックはキャッスルナットから少し隙間は出来てしまいますが、ちゃんと五段階可動します。この点は購入を検討されている方ご安心下さい〜。

一応見栄えも考えて余っていたCOMP M4を載せたりなんかしていますが、小さいですね……。
COMP M4ってダットサイトとかの単倍率光学の中では大きい部類だと思うのですが、それが小さく見えたのは今回が初めてです。
チークピースが有ったのでそのまま使えるかと思いきや、スペーサーを一枚抜いたくらいが丁度いい高さになっています。
やはり普通のAR系よりも少しストックからの背が高いみたいですね。





とまぁこんな感じで今回は締めさせて頂こうかと思います。
かなりノリと勢いで買ってしまったストックですが、本当にVFCの出来の良さを痛感する事となってしまいましたww
パッと見での判断もつき辛く、中々の自己満カスタムになってしまいそうですが樹脂パーツなんてそんな物だと思います(暴言)
皆様の何かしらの参考になれば幸いです。ここまでお読み頂きありがとうございました。  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 22:35Comments(2)エアガンARパーツVFC

2015年04月19日

年間SR-16を作ろう!! 〜またもストック編〜



パネルはもはや諦めの域に入ってきております……天ぷらです。

今回変更点はいくつか有りますが、あまりにパネルが手に入らないので、例の一万円するプラスチックの塊を買ってしまいました。



そうですこいつです。KAC純正ハンドストップを装着いたしました。
こんなん有っても無くても変わらんわ……見た目だけだろ……とか思っていたのですが、流石に良いお値段するだけ有ってよく考えられており、銃のハンドリングが格段に向上しました。
見た目に関しましても独特の切削痕と、KACの刻印が彫られており割と満足してしまいましたww



ただ、配置に関しましてはX300をウェポンライト化したせいも有り、やや束縛が出来てしまいました。
URX3のレイルリブの最前面はQDホールが有るため活用が出来ず、どうしてもマウント位置が後退してしまいます。
加えてX300は前方にオフセットされるタイプのウェポンライトではないため、コードも含めてかなり後部までスペースを占める事となってしまいました。



具体的にはこの位まで。下にマウントしなければ良いじゃないかというご意見もあるかとは思うのですが、宗教上の理由でそれは許されておりません。
しかし、ストックを後部まで下げる事で十分に対応が可能と判断したためとりあえずはこのままで。
実際メリットも有り、テールスイッチのON/OFFが持ち替えを必要とせず指一本で可能なのと、下部マウントなためバレルによる照射範囲の制限が上部にしか表れないのはかなり有り難いです。
ウェポンライトに関してはこれで結論として良いと確信する程の中々の満足度でした。
XT07たけーなーとか思っていましたが、いざ買ってみると軽くコンパクトなX300を一級品のウェポンライトに変換してくれる、個人的に大ヒットの商品でした。



ストックもまた買ってしまいました。コンプリート的にはCTRだのLMTのクレーンだのが正解だとは思うのですが、以前よりずっと気になっていたLarueのRATストックを装着。
こちらのストックは独特なトリガータイプのストックレバーを採用しているのですが、その独特さとは裏腹にそのシルエットはかなりオールドスクールな物です。
そのためKACとのスタイリングはかなりマッチするんじゃ無いだろうかと踏んではいたのですが、実際かなり似合いますね。
実用性を云々するならば、正直この形のレバーで有る必要は無いように感じましたが、スタイリングの追求に関しては文句なしですね。
合う合わないのハッキリしているストックで、実際杏にはあまり似合いませんでした。カッチリという印象を受けるAR向けのストックだと思います。



アッパーの細部の詰めは後はバレル周りを残すのみ……といいたいのですが、これまでの画像でお気づきの方もいらっしゃるとは思いますがこちらのアッパー、細部をみればSR-16との差異がいくつか見受けられます。
具体的にはチャージングハンドルの溝、レイル後端の削り込みという部分になると思うのですが、こちらのアッパーは通常のセラフォージSGTアッパーに刻印を施したのみ、という形になっております。
個人的には満足して購入をしたのですが、バレルを換えるとなるとどうせならコンプリートでやりたくないかい?という悪魔のささやきが……。

この件に関しての決着はもう少ししてからになってしまうと思います。その前に少し大きな計画が有りまして……。
無事そちらが完遂されたらまたブログでお話しさせて頂こうかと思います。よろしければお付き合い下さい。  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 17:59Comments(0)ARパーツわくわくさん

2014年12月13日

システマPTW Samson EVOLUTION 12.37

こんばんは。メイソンです。
引き続きSAMSON(サムソン)のレビューいきたいと思います。





Samson ManufacturingはAR-15系のパーツを製造しているメーカーです。
高い切削技術を武器に、RAINIER ARMSブランドのARのOEMや、AdamsArmsのアッパーコンプリートもsamsonで作っていると思われます。が、どうも雰囲気を見るにあまり大きな会社ではなさそうですね笑。
日本ではあまりAR15での知名度は低めですね。。。
カラシニコフのハンドガードでレプリカが出ていたのでそちらの方が有名かもしれません。






独特の肉抜き穴が開いています。骨格を思わせる有機的なデザインがとても気に入っています。
よく見ると切断面も角が取れていてなかなか手が込んでおります。その甲斐あってかとても握りやすく、素手でもエッジが指に食い込むことはありません。
重さは11.5オンス。326グラムとやや軽量な部類です。現物でGEISEELEのMk1と比べましたがこちらの方が軽く感じられました。
ちなみに圧倒的にFortis REVとSpike’s BARは軽いです。特にBARは見た目がぶっとい分そのギャップに驚かされます・・・KEYMODだM-LOKだと脱レイル、スリック化の時代にクアッドフルレイルってかなり尖ってますよね笑。大好きです。

前から見ると見事なFFです。完全な筒ではなく多面構成なのもポイントです。
ただトレポンのスチールバレルがかなり重い。。。
ぶっちゃけハンドガードの50gの重い軽いとか関係ないです。アルミバレルに交換するのが一番効果的です。




現在はAIMPOINT M2をつけています。このエイムポイントはゲロバナナさんでお安く手に入りました。新品ではありませんがクリアな視界でとても見やすいです。
出来ればショートスコープを載せたいのですが既に鈍器のような重さになっているのでできれば軽めのものを・・・と考えておりますw、
トレポン買うまで知らなかったのですが、ボルトカバーつけると閉まらないのですね笑。


ODA装備はMk18やSOPMOD以外お選択肢が多いのも魅力の一つだと思います。
最近はLarueのOBRなんかも出てきました。
テストで支給されているのか個人で使用しているかは不明ですが数多なぞの民間ARが出ている中で依然ごく普通のBlock1を使っている隊員がいたりと、本当に魅力に溢れていますね。

本日もお付き合い頂きまして、ありがとうございました。







  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 01:24Comments(2)エアガン光学機器ARパーツ

2014年09月24日

PTSはもはやレプリカ(小声)



MEGA ARMSの記事かと思った?残念!!またストックのお話です!!どうも天ぷらです。

だいぶMEGA ARMSが形になってきました。ノーマルとの主な変更点としては



・タンゴダウンのBG-16グリップへの変更
・BCMのGUNFIGHTERフォアグリップの装着

ノーマルのARグリップを変更するとテッポの印象が一気に変わりますね。僕は細身のグリップが好物なので、BG-16を選択しました。この下膨れな形状が良く手になじみます。
ちなみに今回で初めて知ったのですが、KSCのM4のグリップスクリューの径は実銃準拠では無いようです。そのため、ワッシャーをかませてそのままKSCのグリップスクリューを使用しております。不便。とりあえずは強度に不安は有りません。

また、フォアグリップが無いとハンドリング苦手勢なのでBCMのフォアグリップを。
キーモッドパーツ実銃用のがポン付けできるよ〜!!とは聞いていたのですが、流石に超不安。付かなかったらどうしよう……。とか思いながらおそるおそるハンマーでぶん殴ったらしっかり付きました。
悩まれている方は是非是非実パを盛っちゃって下さい。たぶんあのKACのパネルなんかも無加工で普通に付きます。





・GG&Gエンドプレートへの変更
・MS3スリングの一時採用

ワンポイントでめっちゃトランジションしやすうい〜!!となるのが夢でしたので、エンドプレートにはスイベルが必須でした。
ASAPとかにしなかったのは、ポン付けできないよみたいな話を各方面よりお聞きしていたからです。おかげでこれもしっかりポン付ける事が出来ました。

テッポのパーツでまず真っ先に実物化すべきは、僕はこのスリングスイベルってやつなんじゃないかなぁと思ったりします。
ベキンといやな音がしてスイベルぶち切れてテッポ落とした僕が言うんだから間違い有りません。丸々銃の重さを預ける場所になる可能性も有るので、なるべく頑丈な物を使いましょう。くれぐれもW◯-Techのとかそのまま使ってはいけません。

MS3の一時採用と言うのは単純にMS3がすごく安かったからです()
最終的にはMS4使いたいなあなんて考えてます。ちなみに下が実物上がレプリカなのですが、レプリカものすごく良く出来てます。近くで見てもバンドの色の違いの他に明確な差を見つける事が出来ませんでした……。





出ました。本題のストック。前置き長いと良く言われる人生です。
一応PTSではない実銃対応の Magpul ACS ストック となります。CTRだのノーマルなSOPMODだのAxだの浮かびましたが、見た目にやられてACSを選択。このむだにデカい感がたまりません。
そして重い。持った感じの重さは軽めのハンドガンに匹敵する位かと。装着すると、フロントヘビーとなっていたバランスを一気にリアヘビーに持って行きました。軽いARを作りたい方はこの辺注意が必要かと思われます。





おまけが豪華なマグプル。今回も豪華でした。内容物は定番のステッカーから、説明書、ポスター、ストックチューブ径気をつけてねーという注意書きに、Magpul刻印の入ったポリマー仕様のダミーカート、QDスイベル用の穴だの色々入っていました。
ビニール袋に入れて終わり、説明書もなし!!のColtとかとはえらい違いです。殿様商売ダメ絶対。
ちなみにチューブ径はミルスペックチューブ用となります。トレポンには怖いのでつけていません。現実を直視したくないとも言います。



ちなみにこのポスター、裏面はカタログとなっていました。これはうれしい!!
メーカーが出している物を一瞥で確認出来るのはかなり便利ですね。これだけで一時間くらいは時間つぶせるんじゃないですかね〜!?つぶせないか〜!?つぶせないかな〜!?



蓋部分の収納はACSの有名な所ですが、なにげにこんな部分も収納となっております。123Aがピッタリ入るくらいの太さです。急なサイトの電池切れにもこれで一安心。
でもこのテッポグリップ内にもフォアグリップ内にも収納が有るので、やや収納過多気味ですね……。お腹空いた時用にポッキーでも裸で入れとこうと思います。




後割りと特徴的なのはその長さだったりしますかね。ノーマルのエンハンスドストックと比べるとこれこの通り。
同じバレル長でありながら、並べるとここまで差が出てきます。一番短くした状態でもかなり振り回せる感じですっごくグッドです。


使用感としては大きいストックなりの圧倒的な安定感が有ります。左右に張り出しているので、頬付けも非常にしやすいです。
リアヘビーと言いましたがそれは裏を返せばフロントを振り回しやすくなっているとも言えます。その大きさからは想像出来ない位シューティング向きのテッポに仕上げる事が出来る気がします。

フリクションロック機能って、僕はかなり半信半疑だったのですが、これもまた良いですね。ガタが本当になくなります。
レプリカのCTRを持っていた際にはチューブからの脱着にも苦労していたのですが、これに関してはフリクションロック機能の隙間からドライバー等でロックスプリングにアクセスする事が出来ました。あのストックをボロボロにしていた苦労はなんだったのか……。
ストックレバーのスプリングもしっかりしています。レプリカ等のスカスカする感じは全く有りません。このスプリングの安心感というか、チューブとストックを一体化してくれる感と言うのは実物ならではではないかと。

悪い点ももちろん有ります。ストックレバーがかなり小さく、なおかつその周囲を補強材で覆われているので、とっさの長さ変更等はフリクションロック機能と相まって難しくなっています。
とはいえ気になった部分は本当にその位。至れり尽くせりの非常に出来のいいストックだと感じました。



ありきたりなストックには食傷気味!!なんか変なのないの!?って方や、多少重くても安定感のあるストックが良い!!って方はこんなストックも判断の材料に入れてみてはいかがでしょうか?  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 16:28Comments(2)ARパーツ

2014年09月08日

COLT M4 エンハンスドストック

おまコなーッ!!(お前のコンパウンドスレッドは何色だの略)
天ぷらです。

それでは昨日の続きとして、エンハンスドストックの見分けを二つを比較しつつ行いたいと思います。
一つはCOLTのエンハンスドストックなのですが、実物ストックのストックがそれしか無いため、比較対象はSYSTEMA純正ストックになります。大体、大体でいきます。



一応こちらCOLTという触れ込みのエンハンスドストックとなります。正直調べてみてエライ不安になっています。
会社のロゴが入ってる訳でもなく、特徴が有るわけでもなく、ハッキリ申し上げて見分けづらさここに極まれりみたいなストックです。

なのでこのブログをご覧になられた方で、もしこれCOLTじゃねーよwwwwwwとお気づきになられた方がいらっしゃったらコメントを頂けますと幸いです。
幸いでは無いです。泣きます。泣きますが大変有難いので何卒よろしくお願い致します。



そうそう、昨日のブログから引っ張っているコンパウンドスレッドですが、この事だったんですね。
COLTのストックの特徴(?)の一つとして、スリングスイベルを留めているネジに赤いコンパウンドスレッドがついているらしいんですね。
なので!!恐らく!!このストックは!!COLT製だと思いたい!!思わせて欲しい!!……という思考ルートが確立され、このストックは僕の中で晴れてCOLT製ということになりました。真偽は闇の中。

さー比較比較。



左がCOLTストック、右がSYSTEMAストックとなります。この時点でお気づきになられているかと思われますが、COLTは通常のエンハンスドストックタイプ、SYSTEMA純正ストックはブッシュマスタータイプとなっています。

様々なメーカーが出しているストックを見分ける際には、まずRのついた補強リブの有無を見る所から始めると簡単ですね。全てのメーカーをこの辺で見分けられるようにしてもらえれば良いのですが、流石にそこはお肉ばかり食べている国。そんな細かいことはどうでも良いようです。

それとびっみょーうに質感が違うのにお気づきでしょうか?COLT製の方は完全にマットなブラックで殆ど光の反射がなく、SYSTEMA純正も良く出来てはいるのですが、少し照り返しが出てしまっています。



双方正面からー。似ているようでここの形、結構違うんですよね。

ストック径的には両方ミルスペック径となりますので、穴の大きさにはさほど差はないと思うのですが

           

 ん な わ け あ る か い ! ! トレポンのチューブ径はコマーシャルじゃいボケぇ!!

僕のトレポンはブッシュマスタータイプのチューブが入っているので、その径はコマーシャルの物です。なので本来ならミルスペックのものははいらな(ry

ん!!ゲフンゲフン!!ガタがまーったく無いしね!!きっとたまたま合うミルスペックストックだったんだよ!!本来5ポジションストックなのに4ポジションになってるし!!そうに違いない!!そうに違いないんだうああああああああああああ!!


ん、話を戻します。

補強の入り方、角度などがメーカーにより細かく異なったりする様です。

ついでにレバーにもSYSTEMA純正は滑り止めが入っているのに対し、COLT製は何も入っていません。このへんも見分けポイントの一つですね。
ここはこう、ここはコレ、そういった判断を積み重ねてストックを見分けなければならないあたりヒヨコの雌雄判別を思わせます。プロの見分け師にもなると一瞥しただけでメーカーを判断出来るとか()



スイベルも大事な見分けポイントですよね。角度から前方に入っているネジ受けの補強の有無、スレッドコンパウンドの確認等社による違いはここによーく表れてきたりします。
ここに繋がる補強リブに角度がついているかいないかも判断基準となってきますね。この場合で言いますとCOLT製は真っ直ぐで角度はついておらず、SYSTEMA純正は少し角度がついています。

後ここで見るべきなのはスイベルの周囲を覆う補強の三角形の角度。エッジが立ってたり滑らかだったり、ここにもメーカーの特色が出てきます。ええ、僕ももうそんなんどうでもええわ……って思ってます。お付き合い下さい?



肩付け上部のここの角度、とってもダイジネー。物によって全然違います。基本的にはエンハンスドストックとブッシュマスターストックの違いとなると思うのですが、同じタイプのストック同士でもよーくよーく見ると微妙に角度が違ったりしてきます。
張り出しって言うんですかね、なんでここ角度ついてるんでしょう?スリングがズレないためですかね?



と、補強リブの有無。と後レバーのスプリングの入っている部分の形もメーカーによって違ったりするようです。
この二つは殆どそこに差は有りませんが……。



そしてここ。ストック前方上部の補強リブの切り落としの「角度」
ここまでくるともう意味分かりませんね……。でも!!でもホントにメーカーによって全然違うんですよココ!!SYSTEMA純正は上に張り出している部分を真っ直ぐ切り落としている感じですが、ここに角度をつけているブッシュマスタータイプも有ります。
COLT製は割と切り落としが大きいほうですね。なおかつただ切り落としたのみみたいな感じで、エッジが立っています。

COLT=汚い

その判断基準、あながち間違いでは無いのが恐ろしい所です。それで値段も高いってんだからもー……。

時間が有ったら各社のストックと断じるための樹形図とか作りたいですね。



と、こんな感じで締めさせて頂きますー。
こんな非常にどうでも良いお話に付き合って頂き、ありがとうございました。
内容がマニアックな割に本人が勉強不足資材不足でもー……もっと精進します!!

それでは、また今度。お目汚しでなければお付き合い頂けますと幸いです。  続きを読む
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 19:37Comments(0)ARパーツ

2014年09月07日

貴様のコンパウンドスレッドは何色だァーッ!!

あのストックの正式名称が分かりません。天ぷらです。

どのストックって……あれですよアレ。



こ↑の↓ストック。皆エンハンスドストックとかブッシュマスターストックとかバットストックとか呼ばれててどれが正しい名称なのか分からないんですよね未だに。
しかもこれはメーカーCOLTらしいんですが、このストック色んなメーカーが出してますよね。

で、ちょっとどんなメーカーが有るんじゃいと軽く調べてみた所、出るわ出るわ。君たちそんな同じ形の物いっぱい出してどうするのって位色んなメーカーが出してますこの形のストック。

彼らにとってこの形のストックはきっとマグカップみたいなもんなんでしょう。徹底的なコストダウンの末出来た格安マグカップ。自社ブランドにより割高だが、ブランド力によりそれでも売れるマグカップ。でも結局全部マグカップって事には変わりない、みたいな。

それじゃあ代表的っぽい香りがするメーカーをいくつか。



S&W。天下のS&Wも出してるんですねぇ。どノーマルなストック。ストックレバー前方のRのついた補強リブ、そしてレバーには滑り止め。肩付けの上への張り出しと燦然ときらめくロゴが特徴。うーん、欲しい。
フィールドとかで「このストック?んー……S&W」って言いたい。



RRA。円の中に控えめに自社名を入れるこのセンス。嫌いじゃない……。ストックレバー前方にRのついた補強リブが入っていますね。ちなみに自分はこのタイプを勝手にブッシュマスターストックと呼んでます。微妙にレバーが傾いてるのも気になる……。



TAPCO。TAPCOって聞いてあぁ!!あれ出してる!!ってなるアイテムは有りませんねぇ……(ひどい)。これもブッシュマスタータイプですね。RRAと違ってストックレバーのスプリングが入ってる部分が四角くなってますね。



BCM。所謂どノーマルな形をしたストック。レバー前方にRのついた補強リブが入っていないこのタイプを勝手にエンハンスドストックと呼んでいます。よく見るとレバーに滑り止めが施されたり、全体を見てなんとなくキレイですね(てきとう)。これはgen2何ですが、gen1ってどんな形してたんですかね?



LMT。……お気づきだろうか……。レバーにLMTロゴが入っていることに……。しっかりとしたチェッカリングの滑り止めや、エンハンスドストックタイプでは珍しくスリングスイベル前方にネジ受けの覆いがついています。LMTもいくつかパターンがあり、横にデカデカとロゴが入ってるやつも有ったりします。



STAG。STAGとCMTの関係が分かりませーん!!どなたか教えて下さい……。特徴?特徴はロゴねロゴ。入ってますね?横に。他に特徴も特に見受けられないブッシュマスタータイプ。CMTのストックってCOLTとマジで見分けがつかないみたいで、向こうでスレが立ったりもしてます。



BUSHMASTER。今まで出たブッシュマスタータイプの大元ですね。なんか画像も古そうな……。ストック横部には社のロゴの蛇ちゃんが居ます。ストックレバーから肩付け部に向かう補強リブにすこーし角度が付いているのがお分かりでしょうか?これが良いのか悪いのか分かりませんが、なんか手がこんでる感じがしますね!!多分意味は有りません!!



HK。調べていてHKも出してるの……!?と驚愕してしまいました。416にたまについてたりするブッシュマスタータイプはこれなのでしょうか?何気にこれも肩付けに向かうリブに角度がついてますね。しかも上向きに。
この反対側の面にロゴが入ってたりするのですが、画像保存してから気づいたので皆さん自分で調べてみて下さいね!!「HK M4 stock」で検索検索ゥ!!



最後にTM。あ、東京マルイです。これはM4A1に着いてるエンハンスドストックタイプですね。エッジが立っていて作りは非常にキレイです。ただ他のあらかたの実物ストックのように艶消しっぽい感じではなく、何かテカテカしてますね。しかもこの画像よく見ると……バッファーチューブの長さごとストックのポジションが変わってやがる……!!日本のメーカーの超技術が正にここに極まっている感じがしますね!!



と、こんな感じでたくさん有りまして、しかもこれがどうやら一部……。
他にも出してるメーカーさんが色々有るようです。個々に特徴も有ったりして、何気に面白かったりしますね。

タイトルに有ったスレッドコンパウンド云々については、長くなってしまったので次回にでも……。最初に例示として挙げたのみのCOLTのエンハンスドストックのお話です。
というか僕が持っているストックがそれしかないのでそれしか詳しくお話しすることができないんですね()

もしお目汚しで無ければ、また見にきて頂けますと幸いです。  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 18:51Comments(0)ARパーツ