QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
メイソン/天ぷら/ざかえふ
メイソン/天ぷら/ざかえふ
メイソン、またはふたりはプリケツ
これから始める陸軍特殊

サバゲ歴も浅いのに装備に恋をしてしまった…
知識も技術もないですが、どうぞよろしくお願いいたします。
@sivispecem
フォローしてくださるととっても嬉しいです。

2015年07月06日

プロデューサーさん、ウェザリングってなんですか?


たまにはWUGのことも思い出してあげてくださいね。








次世代のM4SOPMODを買いました。エアガン売ってきがつくとトレポンとVFCのMk18いかいなくなっていたので保険の一挺です。
あと416のアッパーを簡単につけられる点でも次世代電動ガンはいいですね。
買って一日で塗装しました。





イメージはこんな感じです。塗装が剥がれたようにも見えるし、そもそも砂で汚れてるんじゃないかなこれ?みたいなぐっちゃり汚し過ぎず、ベッタリ塗りすぎず、だけど使用感がでている感じに仕上げて参りたいと思います。




【使ったもの】

クライロンカーキ
タミヤカラー ダークイエロー
タミヤカラー レッドブラウン
MR.HOBBY ツールクリーナー
タミヤの100円の筆
ボークス ドール用スポンジ



クライロンが無ければタミヤのライトサンドでも代用可能だと思います。単体で使うとかなり色違いますが今回のメインはダークイエローなので。
あとMr.Hobbyのツールクリーナーにしたのはこれがよく落ちるからです。結構強いと思います。
なんでボークスのスポンジなんだ!!って感じですね。激落ちくんが売ってなかったんだよ・・・






すすすーっと吹きます。 定番中の定番ですが、薄く、広く、迷いなく。 
クライロンだけ吹くとのっぺりしますし、ダークイエローを強く吹くとゼロダークサーティの416っぽく仕上がります。
あとレッドブラウンを少し吹くのは立体感を出すためです。
注意点としてはツールクリーナー(以下溶剤)で塗装を剥がしていくのですが、溶剤は樹脂を浸食します。
ストックやグリップなどに思いっきり吹きかけてあとで溶剤を思いっきり使うとプラスチックも一緒に溶けてテカテカするのであんまり吹きすぎない方がいいと思います。まあ他のもので削って剥がすなど手段はあります。




こっからが筆とスポンジの出番ですね。スポンジにしみこませた溶剤を、レシーバーやレイルにポンポン載せるようにタッチして、筆で撫でていきます。砂や塗装が残りそうな部分は残して、よく触る部分はがっつり剥がしました。
筆でやるのは面倒くさく見えるかもしれませんが、ティッシュより泥が乾いた感じというか、粒子が詰まってるような質感に近くなりような気がします。




こんな感じで止めます。



昔ゲロバナナさんにたくさん入荷してた中古のRASがこんな感じでした笑。



せっかくaimpointのM2があったのでSURFIRE M951ウェポンライトと組み合わせてみました。
うーん、本当に14.5インチはバランスが良いですね。変なハンドガードと短いM4ばかり見ていると本当に安心すすデザインです(笑)。
これ一本でオプティクスを変えればいっぱい遊べますね。

普通のM4はかっこいいという話でした。
本日もありがとうございました。


  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 20:01Comments(0)エアガンわくわくさん

2015年04月22日

Pre MSA風 1QTキャンティーンポーチを作る 【後篇】




後半でございます。


前回にて、ファステックスの交換に成功するも、現在のITWファステックスとParacleteで使われていたものはかなり違うものであることが発覚しました...




こんなのです。。。 丸っこいですね。





今回はこれに形が近いNIFCOの黒バックルに加工を加えて、Pre MSAに限りなく近いものを作っていこうと思います!


【加工内容】

①表面の凹凸をなくす

②テカリをなくす

③本体加工




③本体加工は前回やったノコギリで切断するだけなので省略します。





















①表面の凹凸をなくす








使うものは、耐水ペーパー(今回は家にあった荒目のものと、仕上げに1000番、1200番などを使用)


普通にやすりがけしていきます。 ガンプラに比べると緊張感なくできますね笑。











加工したものがこちら! 表面の凸凹がなくなったのが分かりますでしょうか?
地味ですが、触るとかなり違います。
しかし、かなり白っぽくなってしまいました。。。
そこで、








炙ります。











②テカリをなくす










ッイアアアアアアアアアア!!!!


ドウモ コンニチハ、 メイソン デス。
火あぶりに処します。
やってやりましょう。大丈夫です。黒い煙なんか出ませんよ。でも怖いからマスクしますね。



炙ったら、







装着















んんwwテカリすぎですぞwwww
炙りが甘かったようです。







ッイアアアアアアアアアア!!!!













結局この後も納得がいかず、さらに艶消しクリアを吹きました。
でようやく完成です。
見た目にはわずかな差ですね笑。でもちょっとの差が大きな違いになるこの趣味界隈の人なら分かってくれるでしょうか笑。

本日もお付き合い頂きありがとうございました。今週の土日は天気よさそうですね。
良い週末を。  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 12:20Comments(0)わくわくさん

2015年04月19日

年間SR-16を作ろう!! 〜またもストック編〜



パネルはもはや諦めの域に入ってきております……天ぷらです。

今回変更点はいくつか有りますが、あまりにパネルが手に入らないので、例の一万円するプラスチックの塊を買ってしまいました。



そうですこいつです。KAC純正ハンドストップを装着いたしました。
こんなん有っても無くても変わらんわ……見た目だけだろ……とか思っていたのですが、流石に良いお値段するだけ有ってよく考えられており、銃のハンドリングが格段に向上しました。
見た目に関しましても独特の切削痕と、KACの刻印が彫られており割と満足してしまいましたww



ただ、配置に関しましてはX300をウェポンライト化したせいも有り、やや束縛が出来てしまいました。
URX3のレイルリブの最前面はQDホールが有るため活用が出来ず、どうしてもマウント位置が後退してしまいます。
加えてX300は前方にオフセットされるタイプのウェポンライトではないため、コードも含めてかなり後部までスペースを占める事となってしまいました。



具体的にはこの位まで。下にマウントしなければ良いじゃないかというご意見もあるかとは思うのですが、宗教上の理由でそれは許されておりません。
しかし、ストックを後部まで下げる事で十分に対応が可能と判断したためとりあえずはこのままで。
実際メリットも有り、テールスイッチのON/OFFが持ち替えを必要とせず指一本で可能なのと、下部マウントなためバレルによる照射範囲の制限が上部にしか表れないのはかなり有り難いです。
ウェポンライトに関してはこれで結論として良いと確信する程の中々の満足度でした。
XT07たけーなーとか思っていましたが、いざ買ってみると軽くコンパクトなX300を一級品のウェポンライトに変換してくれる、個人的に大ヒットの商品でした。



ストックもまた買ってしまいました。コンプリート的にはCTRだのLMTのクレーンだのが正解だとは思うのですが、以前よりずっと気になっていたLarueのRATストックを装着。
こちらのストックは独特なトリガータイプのストックレバーを採用しているのですが、その独特さとは裏腹にそのシルエットはかなりオールドスクールな物です。
そのためKACとのスタイリングはかなりマッチするんじゃ無いだろうかと踏んではいたのですが、実際かなり似合いますね。
実用性を云々するならば、正直この形のレバーで有る必要は無いように感じましたが、スタイリングの追求に関しては文句なしですね。
合う合わないのハッキリしているストックで、実際杏にはあまり似合いませんでした。カッチリという印象を受けるAR向けのストックだと思います。



アッパーの細部の詰めは後はバレル周りを残すのみ……といいたいのですが、これまでの画像でお気づきの方もいらっしゃるとは思いますがこちらのアッパー、細部をみればSR-16との差異がいくつか見受けられます。
具体的にはチャージングハンドルの溝、レイル後端の削り込みという部分になると思うのですが、こちらのアッパーは通常のセラフォージSGTアッパーに刻印を施したのみ、という形になっております。
個人的には満足して購入をしたのですが、バレルを換えるとなるとどうせならコンプリートでやりたくないかい?という悪魔のささやきが……。

この件に関しての決着はもう少ししてからになってしまうと思います。その前に少し大きな計画が有りまして……。
無事そちらが完遂されたらまたブログでお話しさせて頂こうかと思います。よろしければお付き合い下さい。  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 17:59Comments(0)ARパーツわくわくさん

2015年04月16日

Pre MSA風 1QTキャンティーンポーチを作る 【前篇】

お久しぶりです。ODA装備開拓中のメイソンです。

しばらくARビルドの話が続いていましたが久しぶりにナイロンの話をします。
まずはこの写真、去年からまだ引っ張っている、CIFです。










JPCに←のパネルベース部分だけを装着していますね。
他の画像もそうなのですが、バックパネルのコヨーテをアフガニスタンで使用してる写真はわりかし見かけるのですが、最終的にコントラクトを取得したのは全部MOLLEになっているモデルでマルチカムです。
注目したいのは緑で囲った部分。パラクレイトの1QTキャンティーンポーチです。古くは昔ながらの水筒ポーチだったようですが、今はナルゲンや弾倉など、様々なアイテムを収納するGPポーチと化している模様。












MSAパラクレイト 1QTキャンティーンポーチ
REALMENTさんにMSAパラクレイトのポーチが沢山あり、安く入手することが出来ました。
しかし!写真の隊員が使ってるのはこれではない!こいつはMSA、向こうはパラクレイトがMSAに買収される以前のもの、俗にいうPre MSAです。
今回はこいつを写真と近づけることを目標に致します。











道具はこちら

BLPの黒スプレー
黒いITWファステックス(ウォリアーズさんで購入)
家にあったノコギリ(タミヤの)

写真を撮り忘れましたが、あと歯ブラシを使用しました。















さっそく切ります。

ファステックスは簡単に切れます。耐久性は落ちますが、補修キットも切り込みが入っていますし、メイフラワーのAPCなど持っている方はご存じかと思いますが元から切り込みが入ってるんですね。大丈夫、切りましょう。











装着したのがこちら。
やや明るいですね。写真のはもっと黒くてきったない(褒め言葉)です。
塗ります












BLPの黒スプレーを吹いたらお風呂場にダッシュして水責めと、歯ブラシでゴシゴシして塗装を剥がしていきます。












BEFORE














AFTER


















JPCの背中につけてみました。今TYRのパネルを一行奥に配置していますので写真とはやや違いますが、それっぽくなったのでは?と個人的には思います。









現用のODA装備をやっているとぶち当たる課題がODAっぽくならないことです(笑)。
CRYE G2上下にマリタイムヘルメットのM4にJPCに…となると陸らしさはかなり薄れていきます。空軍州兵もダニエルディフェンスFSPハンドガードにJPCの時代です。
銃やハイダーやヘルメット、BDU等で差別化できますが、新世代のギアに旧世代のポーチを混ぜていくこともそれらしさを出す一つの手段かなと思います。
現在少しずつネットや他のODA装備の方の情報をもとに、もう少し前の年代装備をやりたいなあと考えております。
SFLCS・・・


と偉そうなこと書きましたが・・




・MSAは何デニールでしかたな・・・このファステックス、形状同じですかな・・・



・・・・





・・・・





・・・・

         /:::::::ヽ /
__   _,-/:::::::::::Y
|:ヽ二=--:::::,-ー----、_ヽ   い  そ
|:::::,--' ̄ヽ ̄        >
|::-~~     ヽ        /    け  れ
ヽ        .|        /
. ヽ  _,..---ー' ̄ヾl、::::::::::::...    な  以
 ヽ/:::(        " ` `ヾヾ:ゝ
  }::::::::::〉  __,,,_   ___ ヽ    い  上
/~-、::::/_____' _____  /___`_〉、
ヾ/;>~`ー-、_f/-'エp`l)=/'l. pヽ h \
ヽ〈(.     ヽヽ、___// .|、二_//   `-、  __
 ヽへ.     `ー--" 〈---/~     ∨
  `-,、       、__  〉 ./
    |ヽ      ,...__二  /
    |ヽ     ./==、-l /
   ,-| \    ~ー---' /
  /ヾ、  丶   ~~~` ./
 _/  \  ~ヽ___,-/、
/ |\  ~\__   ノ  |/ヽ_
  |  \   __>-ー'~~ ヽヽ`-、



本日もお付き合いいただきありがとうございました。


メイソン





  続きを読む

Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 12:00Comments(0)わくわくさん

2015年04月05日

年間SR-16を作ろう!! 〜絶望のアッパー編〜

今回は前置きをすっ飛ばしていきなり本題です。天ぷらです。

前回SR-16なんぞ作らんよ〜みたいな事を申しておりましたが、結局SR-16を組む事と相成りました。



前回は一番好みのハンドガードの話をさせて頂きましたが、一番好みのロアーレシーバーとなると僕はこのKACのmod1レシーバーが好きで好きでたまりません。
独特なアンビマグキャッチに、レシーバーその物に穿たれたスイベルホール。裏返せばボルトストップもアンビとなっているこのスタイリングが絶妙なバランスで成り立っている奇跡的なレシーバーだと思います。本当に美しい。
写真はSR-15のロアーですが、どれだけ美しかろうとこれだけ独特な形をしているとトレポン用のレシーバーなど無いだろうという判断を下していたのですが、有りました。

具体的に言えばprimeさん、SGTさんからアッパー、ロワー共に発売がなされていました。レシーバーの入手難度から敬遠していた部分が有ったビルドとなりますので、これはもう天がビルドしろと言っているに違いないと決意を固めた訳でございます。

さて、その気になるお値段は


prime:約5万
なるほどなるほど

SGT:12、3万
ん……ん!?


primeの額も決してレシーバー単体の額で考えると安い値段では有りませんが、SGTはもうレシーバーだけで一本トレポン買えてしまうやないかという額です。ちょっと手が出ませんww
とりあえずprimeのレシーバーを手にし、細かい部分は段々と仕上げていけば良いかなぁと判断し、その細かい部分の様子見にお店へと足を運びました。



…………

………………

……………………やってしまった

こちら、SGT製のアッパーレシーバーとなります。安かったんです。悪気は無かったんです。
ロワーprimeだと色味違うぞとか、そもそもロワーだけ入手出来んのかとか、そんな事に頭が回らないくらいテンションが上がってしまったんです。



現実逃避をする様に手持ちのポンのレシーバーとカチャリ。
うーん素晴らしい。クリアランスが全くなく、ほんの少しもカタつきません。
primeのレシーバーも拝見させてしまったのですが、コーティングの質からして全く違い、各所のサイズから何から拘り抜かれたレシーバーだと痛感いたしました。これはコンプリートで10万超えてきますわ……。



ダストカバーもバチンとしっかり実物のロックがかかります。形状から必然的にシリンダー挿入時は蓋がオープン状態となってしまいますが、保管時にはどうせ抜いて保管するのでじぶんには余り関係ありませんね。
というか、サイズが微妙に違い純正のペラいダストカバーは閉まりません。という話を純正品を買ってからお聞きしたので正直泣きそうになりました。

さて、ダストカバーもバッチリつけられたし、自分でフォアードアシストもつけてみよう!!



うわぁあああああぁぁあああぁああ!!!!

やってしまいました……。軽く内部をヤスリでさらって、しっかりピンをかしめたら簡単に入っていく物だと思っていましたが甘かった……。
道具も足りず、レシーバーをしっかり固定出来ない状態でARの細かいパーツの取り付けを行っては行けないと痛感いたしました。こんな……まさかこんな……。
何だったらトリガーガードも自分で取り付けする気満々でいたので、ここで失敗してむしろ良かったかもしれません。トリガーガードの取り付け失敗はそのままを意味しますからね。ええ。




……安かったとかじゃないんですよ?コンプリートなのに安さを追求したとかそんな甘えをぶちかましたとかそんな訳じゃないんですよ?ホントですよ?
わりとホラ、似合うかなーって……。嘘です安かったからですぅ!!
大体なんであのマイクロサイトあんなにするんですか!!悪名高き()USMC刻印のはあんなに安いのに!!それで作れるなら最初から作れって……ブツブツ……。


とりあえず今回はこの辺りで……いやSR-16組むとは決まりましたが……ホントにロアーどうしましょう……考えなしで適当に物買ってはいけませんね。ホント。
そしてこれからは多少足が出ても組付けはお店に頼みます(泣)  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 14:59Comments(0)エアガンわくわくさん

2015年03月30日

年間SR-16を作ろう!!




遂にMEGAちゃんがひとまず完成致しました。天ぷらです。
以前よりの変更部分といえば主に


・ハイダーをLANTACのドラゴンマズルブレーキタイプの物に変更
・URX4用のレイルパネルを装着
・GG&Gのアングルマウントを使用し、BUSHNELLのFIRSTSTRIKEをマウント


という感じです。以前までDYTACとかが出してる微妙な出来の物しか無かったLANTACのマズルブレーキですが、この度MADBULLがバッチリライセンス生産してくれました。やったね。
組んでて感じたのですが、割とMEGAに似合うマズルを探すのが困難でした。細いと似合わないし形がエグすぎても張り出してても似合わないしで、一番頭をひねった部分かもしれません。


コスタ撃ちをするためのフォアグリップ、ライトの配置でしたが腰を据えて遠い相手を狙う際にぶれ易い(筋力不足)難点がありましたので、下から支えやすくするためにパネルを配置しました。
これは当初はIRON等の物を使用しようと考えていたのですが、レプリカ準拠の作りをしているとガタなんかが出てしまうんじゃないかなぁと愚考いたしまして実物品に。やめとけばよかったと思ったのが装着時の事です……。
とにかく硬くて嵌りません。装着をされたどの方の感想をお聞きしても全く同じ意見をお伺いしました。
いきなり一枚丸ごとはめ込もうとすると絶対に嵌らないことを確信いたしましたので、半面ずつ、キーモッドの穴に慣れさせてから全体を挿入という手法をとりました。
ハンドガードを外し、グローブをし、上半身裸で汗だくになりながら力技でグリグリと捻じ込んでいたのですが、圧倒的な疲労のせいで最後の最後で手元が狂いました。

「ベキン」

……そんな訳で下面部分のパネルは割れております。今思い出しても頭を抱える部分です……。


光学機器をアングルマウントすることは昔からのロマンでしたので、MEGAちゃんで是非やりたいと考えておりました。手に入ったアングルマウントを着けてFIRSTFIRE載せて~

……覗けねぇ

当初は写真とは逆の位置にマウントしていたのですが、ヴィンテージダイヤルが張り出しすぎていてサイトが見えないということが発覚いたしました。
決して僕が金をケチってライト用のアングルマウントを買ったからとかじゃないんです。KACとかDDとかTROYとか高いな……お!!GG&Gお手ごろじゃん!!とかそういうわけじゃないんです。決して。VORTEXの設計ミスです設計ミス。Mark6とかなら問題なく覗けたことでしょう……()
この件に関しては訴訟の準備を進めておくとして()、とりあえず覗ければいいやとこちらにマウントをさせていただきました。

皆さんも物を買うときは下調べをしっかりなさって下さいね。ホント。




申し訳ありません。ここからが本題だったりします。やめようやめようと思っているのに枕に時間を裂いてしまいます。落語家気質なんですね。ハハ。

皆さんの一番好きなハンドガードって何でしょうか?僕は三度の飯よりURX3が好きだったりします。
キーモッドが流行り始める前に、レイルをモジュラー式にしてハンドガードをスリムにしようという、今なお受け継がれるハンドガードの開発理念が確立されたように思います。その中で生まれた傑作ハンドガードの一つですね。
メーカーは 悪名高き KAC。その独特の形状からかもし出される気品と迫力は、未だどのハンドガードの追随も許していないと感じております。
URX2等と同じように、フロントサイトが一体式となっており、あのべらぼうに高いフロントサイトを買う必要も有りません。 フロントサイトが売れないからURX3.1を開発して長いレングスの3を廃盤にしたとか何とか。

いつかはURX3を軸にしたARを組みたいと常日頃から考えており、ARの画像収集もURX3のものが多くなっておりました。
とはいえハンドガードで、しかもKACです。ハンドガードに関しては 割りと 良心的と言われるKACと言えども、なかなか目的も無く唐突に買える値段では有りません。
欲しいという思いだけを募らせながら、とある店にいつもの様に立ち寄った時の事です。
レジの前のベンチの上に、見覚えのあるロゴの入った細長い箱が「中古品 40000円」と言う札を貼り付けられ無造作においてありました。
KACの……このサイズはハンドガードかー。などと思ってスルーしようとしたのですが、KACのハンドガードが40000円ならなんであっても安いなぁと思い、箱の中を見せてもらうことに。

12.5インチのURX3……!!

「店長!!袋から出していいですか!!」
「いいですよー^ ^」
「店長!!これ中古って書いてあるのに取り付けた形跡すらないんですけど!!」
「そうですねー^ ^」
「店長!!格好いいっすね!!いやぁー格好いい……欲しい……けど今はお金が……」
「お取り置きも出来ますよー^ ^」
「店長オォ!!」


本当に素敵な店長さんです。そうしてその場は無事に取り置きをしてもらい、後日受け取りに行きました。





そうしてお迎えしたものがこちらになります。衝動買いとも言います。
前方のレール部より抉りこみ、各種パネルが装着できる平面部を抜けてスイベルホールに向かうこの……エロさ
RASを所持したときにも思ったのですが、なんだか手触りも違います。サラサラともザラザラともつかない、独特の素材とコーティングで構築された舐めまわしたくなるような高級感。実際ちょっと舐めました。味は鉄っぽい味です。
一丁の銃を組み上げたときに得られる満足感に勝るとも劣らない至福を味わえました。本当に素晴らしい逸品だと再認識いたしました。



フロントサイトはこんな形でレイルの一部が立ち上がります。このコンパクトな部分に際とポストの調整ダイアルも仕込むあたり本当に欲張りなハンドガードですね!!メーカーが欲張りなだけは(ry



スイベルホールと刻印。しっかりと深彫りしてあってよいですね。じつはここの刻印でこのURX3が12.5インチだと言うことにお店で気がつきましたwwwwww恥ずかしいほどの無知!!




で、こちらも初めて知ったのですが、スイベルの回り止めが中に彫ってあって、スイベルが必要以上に回らない様になってるんですね。
スリングが捩れてイラっとすることが無い。これは大事な部分ですね。ただでさえ思い通りにハンドリングできなくてイライラするのに……ブツブツ……。



さて、この素敵ハンドガードを使って何を組むかが思案のしどころです……。タイトルに何か書いてありますが、あれは嘘です多分。
と言うわけで暫く続くかも知れません……。どのくらいかかるか分からずに年間とつけましたが、出来れば一月二月ほどで終わらせたいですww

あ、最後に情報提供依頼なのですが、URX3の黒のパネルキットを扱っているお店にお心当たりがありましたら、大変お手数ですがコメントでお伝えいただけますと幸いです。何卒、よろしくお願いいたします。  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 18:24Comments(2)エアガンわくわくさん

2015年03月01日

ODAなヘルメット


PVS-31の予約本日で締切ですね!




31のバッテリーパックはここ最近のODA画像でよく見かけますね。これからぐんぐん使用例も増えていくと思います。
CYBERNETIC NINJAさんの2014年前後のODA装備を再現したい人にはとても嬉しい商品です。

CYBERNETIC NINJA BNVDバッテリーボックス ダミーモデル (限定生産品







ところで・・・












この前の訓練映像とちょっと前の訓練映像(Jackal Stone 2014)ですが、なんだか黒いマリヘル被ってる隊員がいます。
他にもここにアップすることは出来ませんがCIFっぽい画像で黒ヘルがいますw
なんで黒いんだろう...






でも、かっこいい!!










ということで材料はいつものやつです。クライロンのブラックは持っていません!!
あとは洗濯ネットをかぶせて噴くだけです。






《BEFORE》
















《AFTER》






という感じになりました! 百均のネットでも蜂の巣綺麗にでますね。
 一緒にヘルメット黒く塗りませんか?


れっつ黒マリ!!


次回はバッテリーの加工に挑戦してみようと思います。

見て頂きありがとうございました!



黒マりんご飴!!


  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 17:04Comments(0)わくわくさん