QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
メイソン/天ぷら/ざかえふ
メイソン/天ぷら/ざかえふ
メイソン、またはふたりはプリケツ
これから始める陸軍特殊

サバゲ歴も浅いのに装備に恋をしてしまった…
知識も技術もないですが、どうぞよろしくお願いいたします。
@sivispecem
フォローしてくださるととっても嬉しいです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年03月30日

PM GAME @ DESERT UNION




たいへんお久しぶりです。メイソンです。

先週ぐらいに参加したPMゲームの写真です。
ピースーメーカーさん、いつもお誘いありがとうございます。

トップにも上げましたが、今回はちょい古です。
微妙に年代と場所がそろってないのは僕が装備を組み替えるのめんd

07年のイラク後期頃から陸軍特殊部隊ではSFLCSが広まり、これまでに多用されていたCIRASアーマーにパラクやブラックホーク、DBT、SO-TECHなどおなじみのポーチ類と組み合わさって使用されていきます。
まーとても重たい、でかい装備の時代です。JPCやCPCが出てくるずっと前の時代です。
ヘルメットはMICH2000や2001を基本に、CIRAS、MBAV鉄板プレキャリ&フルアーマー、メインはM4です。
BLOCK2の光学機器類は2007年次にはもうかなり見られますが、RISⅡレイルはもう少し後ですね。
古典的なM4A1にEo-tech553、PEQ15 、M3Xが2008年前後の基本セットアップです。Battle of shok valleyの写真で確認できると思います。
2Gさん、アヒージョ君は着実にこの年代が仕上がりつつあり、うかうかしていられません笑。いいかげんACUを買え!と圧力がwww
ちなみにいつものお仲間のMやまさんは空軍です。年代とかはよくわかんないっす・・・初期アフかなあ・・・ グレネーダーベスト?を着用していました。モスカートがたくさん入ります。
Yざきさんはmayflower APCのおそらく最初期モデルを使用。
チェストリグとのドッキングが想定されていないため形状も大きく違います。現行にはあるベルクロつきのMOLLEではなく、前面普通のMOLLEだったりします。 いいなあ。。。羨ましいレアギアです。 
正直何年頃作られたものなのかよくわからないですが、ある程度マイナーチェンジの年代は絞れてきているのでおいおいブログにでもまとめようかと思います。













R.I.P


今回の自分のセットアップは2009年に事故で亡くなったCIF隊員の、MSG. Stephen walker booth 氏の装備を参考にしています。
Booth氏はアサルターチームのリーダーを務めておりました。
2007年から2008年にかけての写真ですが、CIRASにTCIのSASⅡとU94型のPTTで二台持ちしているのが確認できます。
TCIのSASⅡは運よくオークションで平和的にゲットできました。 
イヤホンから音を聞き、自分はPTTから生えてるマイクに向かって話すという微妙なデザイン。 しかも故障しやすいらしく、現用ではほぼ見ません。SILYNXやインビジオに淘汰されてしまったのでしょうか。
個人的にこのローテク感がかなり気に入っております。



別の隊員ですが使用例②





使用例的な正解はMAP・・・がしかし持ってないので、写真を参考にCAMELBAKのMULEをタイラップで無理やり固定しました
腰のストラップも併用すれば意外と使えます。若干MULEのほうが小さいですが、近い用途ではあると思うのでこれはこれでアリかなと判断しましたが如何でしょうか?笑













いつものメンバーです。 いつも遊んでくれてありがとうございます。

私情により少しの間サバゲをお休みしますが、またよろしくお願いします。

本日もお付き合いいただきありがとうございました!  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 20:00Comments(0)サバゲ

2016年03月15日

VORTEX RAZOR HD GENⅡ 1-6x24



当初はこの画像で「こんな課金武器はいやだ」みたいなタイトルにしようと思ってましたがTwitterでやって満足してしまいました。久々にまともなタイトルです。天ぷらです。



はい。タイトルの通りまた増えました。ええもうそらG28の上できかんしゃトーマスもやります。
正直自分の思いの丈をいくらぶつけてもぶつけきれない程焦がれていたのがこのRAZOR HDというスコープです。例えていうならばMark8と並んでいてもこちらを選んでしまうかもというほど好きなスコープです。
実は入手する機会を一度逃していたのですが、二度目は流石に見逃せませんでした。もうお尻は大炎上しております。
PSTを買ってからはや……一年と半年程。遂に手に入れましたVORTEXのフラッグシップモデル。最高のリスペクトを込めてレビューをしたいと思います!!





……あ、すみませんやっぱりマトモなレビュー出来ない人間なんでいつも通りのレビューでいきます……。お時間が許しましたらお付き合い頂けますと幸いです。



ホラ……やっぱり最初は基本に立ち帰り刻印をば眺めましょう……。
ホントにこのVORTEXのロゴはカッコいいですよね……。そしてこのカラー。RAZOR HDならではです。
この色が本当にかなり幅広くテッポとマッチするんです。ただ黒いよりカッコいいんじゃねぇかってくらいモノによっては似合います。
今度VORTEXからAMGというRAZORの高倍率のハイエンドモデルが発売されましたが、色が普通に黒いのがちょっと残念です。
30mmの6-24xなのですが、値段も3000ドル超えでしかも日本製ではないのであまり日本の方々が買ううまみは無いスコープに仕上がっている様な気がします(あくまで主観です)。
そしてちなみにですがこちらのRAZOR HDはしっかり日本製です。埼玉で今日もチャキチャキ組まれている事だと思います。
PSTレビューの時の伏線を回収出来た様な気がして自分もなにやら満足感が有ります。




レンズのコーティングは接眼対物ともに緑がかったようなコーティング。やはり同会社のため系統は非常にPSTと似ています。
そして一つ特徴というか、気になった点が……。
接眼レンズがかなり筒のキワまできております。内部にネジが切られていない事を考慮しても、下手すると凸部分が視度調整ダイアルからはみ出るのではないかという程ギリギリにはめ込まれています。
結果としてかは分かりませんが、RAZORの視界は非常に広く取られている印象を受けます。
スコープや光学機器の特性上、覗いた際にはどうしても筒の外周が目に入ってしまうのですが、それが非常に細くなっております。
そのため、増幅された視野が宙にそのまま浮いた様な見え方をするのが大きな特徴、非常に秀でている点になっていると思います。




エレベーション、ヴィンテージともにダイアルにはキャップがかぶさっております。割と流行のタクティカルスコープとしては珍しい特徴なのではないかと思います。
キャップを外すと非常に平べったく、大きなダイアルが出てきます。作りの関係上滑り止めがかなり上部に入っている印象を受けますが、操作のし辛さなどは全く有りません。
背の低さを狙って設計されているだけ有り、視界の妨げにはなりづらいです。これは恐らくダットサイトなどをオフセットして搭載した際にも非常に強みになってくる点だと思います。
実際に自分がPSTとマイクロダットを併用しようとした際には張り出してくるダイアルに非常に困らされましたが、こちらは普通の45度オフセットマウント等でも問題なく搭載する事が出来そうです。
しっかりとしたクリック感もあり、好みのダイアルなのですが目盛りは一周分で有りながらシングルターンでは有りません。
多く周回した時の目印等も特に無いため、現在何周しているのかの確認に苦慮しそうな気がするのですがどうなのでしょう……。
自分なりのゼロをしっかり設定しろよというメーカーからのメッセージなんですかね()




イルミネーションダイアルは他のダイアルと同軸に有り、こちらも背は低く幅は大きく設計されています。
写真の様に操作をする際にはダイアルを外側に引き出して行い、押し込めばその輝度、もしくはオフのまま固定を出来る仕組みになっています。
どこのメーカーも本当にイルミネーションダイアルの対応には試行錯誤をされており、様々な扱いをされていますが個人的にはVORTEXのイルミネーションダイアルは非常に好みです。
操作のしやすさとスコープとしての本来の機能の妨げにならなさを非常に高レベルで保っているのではないでしょうか。



ダイアル繋がりでついでに倍率調整ダイアルも見てみます。
PSTに比べると非常にシンプルな倍率のマーキングになっており、見ながら確認というよりは使いながら合わせていくイメージなのかなと思います。
やはりというかなんと言うか、VORTEXの倍率ダイアルは動きが渋めです。実銃に載せるにしても、他メーカーと比べてかなり回すのに力がいる印象を受けます。
ダイアル自体は大きく非常に操作もしやすいのですが、スルーレバー等が有るとよりしっかり狙った倍率をすぐに出せるのではないかと。





そして久しぶりに頑張って視界を撮ってみました。上から等倍、3倍、6倍となっています。室内でスミマセン……。
RAZOR HD GENⅡはセカンドフォーカルのため、倍率を変更してもレティクルに変化は有りません。GENⅠはファーストフォーカルだったのですが、何やら色々事情が有ったようで……。
等倍の時のアイボックスとアイリリーフはかなり広く長く、どこから覗いても割と覗けてしまう印象を受けました。低倍率にありがちな像のゆがみ等も一切無く、本当に優秀な視界を確保出来ます。
見え方としては暖色系の色味の見え方をします。しかし、リューポルド程コントラストがきつくもなく、丁度いいレベルで調整された色味になっていると思います。
室内のため距離は恐らく5m程なのですが、3倍程度ならばしっかりとフォーカスも合います。6倍になると流石に厳しいですが、視差を100ヤードで調整されているショートスコープとしては十二分な見え方をしています。
というか、今アメリカで流行の3ガンマッチを対象として作られたスコープだけあり、遠くは遠く、近くは近くと倍率ごとにしっかりと役割が定められているような見え方をしますね。
シュミベンの様に高倍のスコープを低倍にしました!!という印象ではなく、一本のスコープでしっかりと倍率ごとの役割を果たせる様に作られている印象です。どちらが良いという訳ではないですが、個人的にはRAZORの考え方の方が好ましいです。



イルミネーションは写真の様に中心のみが光ります。いくつも上げるのはアレなのでとりあえず最高輝度のみで……。
補助に留まらず、積極的に対象を狙っていける強力な点灯も可能な十一段階調整。なんか最近変な光り方するレティクルばっかり覗いていたので、中心だけというのは逆にお久しぶりな感じがします。
ちなみにこのレティクルはとんでもない速度でバレットとぶっ放す事でおなじみの、Jerry Miculekが開発に携わったレティクルです。名前もそれをもじってJM-1 BDCという名前です。
正直……正直な所最初に見た時にはなーんやシンプルやないかなぁ……?と思ってしまいました。
というのも光学ヲタク的には筒と一緒にレティクルを買っている、というイメージがあるため、あまりシンプル過ぎるレティクルは避けたがる面倒な人種なんですね……。
各社特許を取得し、なんなら権利を買ったりして各社の顔にもなり得るのがこのレティクルというやつなので、あまりシンプル過ぎるとちょっと……ちょっと……スミマセン面倒臭くて……。
ですが、このレティクル中々どうして優秀で、5.56mm7.62mmそれぞれの落差調整にも対応し、必要最低限のリブで各種測定が行えるように設計されているそうです。
実際このレティクルを積極的に選択される方もいるようで、スイマセンなんか地味とか言って……という感じです。
流石に現役バリバリのシューターの方がデザインされているだけはあります(上から目線)。



というわけでMark6との2ショットでパシャリ。うーん、こうして並ぶと本当に宝の持ちぐされ。モノに持ち主が見合っていません。
ついでなんでちょっとだけ比較してみましょう。



長いイメージが有ったRAZORですが、こうしてみるとMark6とほぼ長さが変わりません。というよりこの長さで抑えてるMark6すげぇな。
自分の中の長いイメージの正体は恐らく、エレベーションから対物にかけての長さと、倍率調整ダイアルから接眼までの太い部分の長さが他のスコープに比べて長いためだと思います。
30mmというチューブ径と相まって、太い後部からスッと伸びている印象を受けるデザインになっています。
それに伴いというか、Mark6と並ぶと一目瞭然なのですが、マウントの後部の調整幅が殆ど有りません。機構的な部分も有ると思うのですが、やはりというかピカティニーレイルなりのテッポの方での調整をかなり前提にしたデザインになっていますね。
マウント位置がそこそこ固定のテッポには向かなそうです。まぁそこまでしてそういうテッポに使いたがる人もいないんでしょうが……。




ちなみにチューブ径34mmのMark6ですが、30mmのRAZORと比べて対物が20mmに対し24mmとなっており、接眼部も細いです。
えっと34mmの意味って……?
これまたちなみにシュミベンは26mmだったりするので、チューブ径が太い=対物を大きく作れて集光がしやすいというメリットが有ると思います。
もちろん太くなった分エレベーションなりの調整幅は広がるのですが……どういう事なんでしょうか。
勉強不足で申し訳有りません。どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えて頂けると幸いです、



とりあえず毎度ながらG28に載っけてみました。……やっぱG28でけぇな!!
大きなテッポには大きな筒がやはり常道なのですね。あまり似合いません……。
こんどからもう少し似合いそうなテッポに載せて撮ってみる事にします。これじゃ何の参考にもならない事に最近気づきましたどうも天ぷらです。





とりあえず今回はひとまずこんな感じで……。そして次回予告というか、Mark6にせよRAZORにせよ、中古で購入したのでマウントがついてきました。
Mark6にはLarue、RAZORにはADMという二種類なのですが、これに自分が元から持っていたBOBROを足すとお肉の国今をときめく(?)マウント三種が集まった事になります。
実はスコープ買おーっとなった際に、あまり情報が出てきづらいのがこのマウントというやつだと思います。
なので次はこのマウント達の簡単な比較でもしようかなと思っております。よろしければお付き合い下さいー。  
Posted by メイソン/天ぷら/ざかえふ at 23:44Comments(0)光学機器